blog index

ふろむあーす & カフェオハナ 地球日記

フェアトレード&エコロジー&オーガニック+ミュージック・ショップ、地球雑貨 ふろむ・あーすと、
オーガニック & コミュニティ・カフェ + ナチュラル・キッチン&バー、ふろむあーすカフェ・オハナの
ブログ(日記・お知らせ等)です。
(カフェオハナ:東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6-1F)
ほぼ毎日の更新です。よろしくお願いします。
(コメント、トラックバックは承認制となっています。)
ふろむあーす、カフェオハナ、それぞれの情報は、それぞれのHPをご参照お願いいたします。
http://www.cafe-ohana.com/
それぞれTwitter、Facebookもやっていますので、
そちらも どうぞよろしくお願いします。
1/11(水) シェア・ファーム&クッキン!説明会 『平日は働きつつ休日はみんなで農を楽しむプログラム  〜素人から始める!農機のいらない不耕起米づくり/市販肥料のいらない無農薬野菜づくり〜』

都会で働きながらも、休みの日は農作業で和みたい、

半農半Xに憧れるけど、何からどう始めたらよいか判らない、

いずれ田舎で自給的暮らしがしたいので、

近場の田畑でノウハウを培いたい、

みんなで無農薬の野菜やお米をつくり、

一緒に料理して食べたい・・・

 

シェア・ファーム&クッキン!プロジェクトでは、

そんな要望にお応えするため、

 

平日は働きつつ休日はみんなで農を楽しむ

「平勤休農プログラム」の説明会をさせて頂くことになりました。

 

「素人から始める!農機のいらない不耕起米づくり

/市販肥料のいらない無農薬野菜づくり」を

実践できるコースをご紹介させて頂きます。

 

市民農園の枠を超えて農を営みたい方は、

ぜひご参加ください。

 

 

日時:2017年 1月11日(水)19:00〜21:00 (18:15 open)

場所:ふろむあーす・カフェオハナ(三軒茶屋)
   http://www.cafe-ohana.com/

参加費:500円+ワンオーダー(定員:10名程)

 *特典:不耕起米の炊き立てごはん試食つき

 (おかずが必要な方は、別途オーダー願います)

 

 

お問い合せ・予約は、以下のフォームよりお願いします。
http://form1.fc2.com/form/?id=914809


 ナチュラル&ピースSHOP + オーガニック・ベジCAFE
 ふろむあーす & カフェオハナ
 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6 (駅徒歩2分, 246通り沿い1F)
 Tel/Fax (03) 5433-8787
 http://www.cafe-ohana.com/
 Twitter:http://twitter.com/cafe_ohana
 facebook:https://www.facebook.com/fromEarthCafe.OHANA

 

JUGEMテーマ:農ある暮らし

| fromearth1 | 農、自然農、パーマカルチャー | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
6/22(水) ドキュメンタリー映画『final straw 自然農が教えてくれたこと』@カフェオハナ
4月から関西を皮切りにスタートし、
全国リレー上映中のドキュメンタリー映画
『FinalStraw〜自然農が教えてくれたこと』の上映会、
カフェオハナにて開催です。

上映後には、製作チームスタッフとの
質疑応答+シェアタイムもございます。
どうぞお気軽にお越しください。

● 6/22(水) 18:30 open/19:00 スタート

 @ ふろむあーすカフェオハナ(三軒茶屋) 
   世田谷区三軒茶屋1-32-6(駅徒歩2分, 246通り沿い1F)

 参加費:1000円 + 別途1オーダー(*要予約)


 お問い合せ・予約は、以下のフォームより
 イベント日時・内容も入れて、お申し込みお願いします。
 http://form1.fc2.com/form/?id=914809


 ナチュラル&ピースSHOP + オーガニックベジCAFE
 ふろむあーす & カフェオハナ
 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6 (駅徒歩2分, 246通り沿い1F)
 Tel/Fax (03) 5433-8787
 http://www.cafe-ohana.com/
 Twitter:http://twitter.com/cafe_ohana
 facebook:https://www.facebook.com/fromEarthCafe.OHANA

-----------------------------------------

『FinalStraw〜自然農が教えてくれたこと』

今、静かに、けれども確実に、農業従事者あるいは農業を志す者の心を捉え、
その実践者を増やし、広がりを見せつつある自然農(Natural Farming)。

耕さず、肥料・農薬を用いず、草や虫を敵としない
その農法は、宇宙の一部として、
そうあるべき人間の生き方そのものとも言えます。
それはただの農法として語ることは出来ません。
そこには今、私達が気付かなければいけない
大切なメッセージがたくさん含まれています。

日本・韓国・米国にて、自然農ムーブメントを牽引しているリーダーを含む
自然農実践者たちが、彼らが自然農を通して見つめている
自然や宇宙との関わり合い、そして人間の在り方・生き方を、
美しい映像と音楽を背景に、静かに語りかけます。

そこからあなたが気付くことは何でしょう?

(以上、パンフレットより抜粋)

-----------------------------------------
『FinalStraw 自然農が教えてくれたこと』
監督: パトリック・ライドン &姜受希
2014年/カラー/64分/英語+韓国語+日本語
製作: SocieCity Films
配給・宣伝: アオウエイカンパニー
アソシエイトプロデューサー辻かおり
-----------------------------------------




JUGEMテーマ:環境問題
JUGEMテーマ:世界の先住民族、その文化、智恵
JUGEMテーマ:
無農薬の家庭菜園、農業、ガーデニング - 自然農
JUGEMテーマ:パーマカルチャー
| fromearth1 | 農、自然農、パーマカルチャー | 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
3/20(日)  新しい世界の種まきをしよう! 『ナウトピアヘ 〜 サンフランシスコの直接行動』(堀田真紀子著、インパクト出版会)をめぐって
サンフランシスコを中心としたベイエリアは、
60年代カウンターカルチャー、ヒッピーなどの発祥地だけあり、
まも、直接の行動によるパフォーマンス的な社会運動がさかんだ。

「ナウトピア」とは、
60年代から脈々と続くこの伝統を、
クリス・カールソンがまとめた言葉で、
ユートピアは今、「どこにもない」ことを前提にするのに対して
ナウトピアは、今、ここにあることを前提にします。

「えーっ今、ここにあるのは、理想とはほど遠いんでない?」
と言われるかもしれない。

でも、「じゃあ、あなたはどんな世界に住みたいですか?」
と聞かれて、何かイメージが湧いてくる人なら、
すでに、その世界で思い描いている生活の質、クオリティは、
すでにあなたの中にあるってこと。
それを大切に養い、育てながら、
今、ここで表現していこうよという誘いです。 

私たちはふつう、自分の望む世界は、
何か外的な条件が満たされなければ実現しないと考えがちです。

「お金と時間があれば、戦争が止められれば、
 脱原発できれば・・・安心して暮らせるのに」というふうに。

もちろんそれは、重要なファクターだけど、
それを躍起になって追求するなかで、
そもそも夢見ていた生活の質が見失われるといった
末転倒も起こしかねない。

また、その条件だけを満たしたところで、
それだけで、本当に私たちが望む世界が生まれるかというと、
疑問だったりする。

でも、そうした条件がクリアされた後にくる世界として
自分が思い描いている生活の質、クオリティならば、
今、ここで先取りして味わえます。

たとえば、
「安心して暮らす」ってどういうこと?と問いただす。

それは私たちの幸福のイメージそのものなので、
いくらでもひたれるし、それにひたってると、
さまざまなかたちで、今、ここで、
既にこの質を表現できるってことにも気づくでしょう。

それをみんなと共有できるような行動に落としこめば、
それ自体、社会運動になります。

ベトナム反戦運動が過熱化して、
アグレッシブな平和運動になりかねなかったときに、
アレン・ギンズバーグの提案の下、
フラワーチルドレンたちが道行く人に
花を配るアクションをはじめたのはそのいい例といえましょう。

未来の世界から現れた使者のようにふるまいました。

デモ隊を警戒して、銃を構えていた警官の銃口にも
花をさしていったエピソードは、あまりにも有名です。

んなふうに、理想世界の質そのものを、
ストリートで、日々の生活で、仕事で表現しながら、
「何が素敵か」といった文化の基準、世論のムードを
少しずつずらしていくうちに、振り返ってみると
「戦争なんて、原発なんて考えられない!」
そんな世界が生まれているかもしれません。

このイベントでは、
堀田さんの著書『ナウトピアヘーーサンフランシスコの直接行動』を
ベースにしながら、
ナウトピアの考え方、そのメリット、必要性について説明いただいた後、
ソーヤ海さん、アントニオ・ロマン=アルカラさん、
佳奈・ロマン=アルカラさんといった
素敵なゲストの方々を中心に、
みなさんのナウトピア建設の提案や実践経験について、
お話を伺えたらと思っています。


【話者】
・堀田真紀子


【ゲスト】
・ソーヤ海
・アントニオ・ロマン=アルカラ
・佳奈・ロマン=アルカラ


 

● 3/20(日) 新しい世界の種まきをしよう!
  『ナウトピアヘ 〜サンフランシスコの直接行動』をめぐって

 17:30 〜 19:30
 @ ふろむあーすカフェ・オハナ(三軒茶屋)

 参加費:オープンチャージ・カンパ制 + 1オーダー
 (*定員制・要予約)



 お問い合せ・予約は、以下のフォームよりお願いします
 (日時・タイトルも併記お願いします)
 http://form1.fc2.com/form/?id=914809


 ナチュラル&ピースSHOP + オーガニックベジCAFE
 ふろむあーす & カフェオハナ
 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6 (駅徒歩2分, 246通り沿い1F)
 Tel/Fax (03) 5433-8787
 http://www.cafe-ohana.com/
 Twitter:http://twitter.com/cafe_ohana
 facebook:https://www.facebook.com/fromEarthCafe.OHANA




ソーヤー 海
共生革命家。東京出身、太平洋沿い育ち。
カリフォルニア州立大学サンタクルーズ校(UCSC)で
サステナビリティー教育を学生と共に設立し、
その後、意識を深めるためにコスタリカのジャングルに移住。
現在、東京で都会型パーマカルチャーと共感コミュニケーションなどを
実践しながら教えている。
ギフトエコノミー(与え合いの生態系)で成り立つ
「東京アーバンパーマカルチャー(TUP)」を主宰、
全ての命が大事にされ、みなが活かされる文化を創造中。
『Urban Permaculture Guide 都会から始まる新しい生き方のデザイン』監


佳奈・ロマン=アルカラ
食料システム研究者・翻訳家。
オランダエラスムス大学/東京大学修士。
専門はアフリカの農業政策、農業投資、持続可能な食料システム、
アグロエコロジー、システム思考。
東 アフリカ(モザンビーク・タンザニアなど)でフィールドワークを行い、
NGOや 国際機関・政府機関・企業関係者とともに、
持続可能な農業・食料システムの構 築を目指す。
研究の他に、アドボカシー活動や、国際会議での通訳・翻訳なども
行う。現在はサンフランシスコで子育て中。
趣味は鳥類観察、美術製作。好きな食べ物はパイナップルグァバ。


アントニオ・ロマン=アルカラ
食料システム研究者・コンサルタント・教師・ライター・
活動家・音楽家・農家。
専門は都市農業、パーマカルチャーデザイン、
アグロエコロジー、食料システム と社会運動。
UCバークレー栄誉学生、オランダエラスムス大学修士。
サンフランシスコを拠点とし、主に北半球の都市部における
持続可能な食料政策の実現ために草の根レベル・地域レベル・
政府レベルで活動を行う。
コミュニティ農場” Alemany Farm”創始者。
過去にサンフランシスコ市食料政策委員会
(Food Policy Council)のオーガナイザーを務める。
現在妻とともに子育て奮闘中。好きな食べ物はアイスクリーム。


堀田真紀子 
福岡県生まれ。
一九九四年より北海道大学で教鞭をとる。
専門は芸術の社会機能。
札幌ではひと・ギャラリー「森のひろば」という
コミュニティ・スペースを、
夕張郡由仁町では、アーティスト大井敏恭とともに
「由仁実験芸術農場」を運営しながら、
近年、札幌から夕張郡へと段階的な移住をすすめる。
2015年3月、これらの場の運営と、田舎暮らしを本格化させるため、
北海道大学を辞職。
主著『ナウトピアヘ サンフランシスコの直接行動』インパクト出版会など。


JUGEMテーマ:無農薬の家庭菜園、農業、ガーデニング - 自然農
| fromearth1 | 農、自然農、パーマカルチャー | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
3/18(金) 農業とコミュニティエンパワメント
安全でとびっきり美味しいものをつくったり食べたりしながら、
人や社会をどんどん良い方につくり変えていく。

んな虫のいい市民運動のお話です。

地球上での人間の役割を捉え直し、
生態系を修復する持続可能な農業のあり方を追求する
アグロエコロジー。

都市の空き地を市民の手で畑に変え、
都市住民が再び自然やコミュニティの絆を取り戻
きっかけをつくるコミュニティ・ガーデン。

グローバリゼーションによる地域農業の破壊や、
人や自然の健康を犠牲にした食品の産業化から守る地産地消、
地域食料自給システムづくりなど。
世界各地からの実体験にもとづく話を集めました。

食という生活のもっとも基本になることから
地球や世の中に貢献する方法がたくさんある、
そのヒントがたっぷりつめこまれています。


【話者】
・佳奈・ロマン=アルカラ
 「アフリカにおけるアグロエコロジーとコミュニティ・エンパワメント」 
・アントニオ・ロマン=アルカラ
 「コミュニティ・ガーデンと公共政策」     

【司会】
・堀田真紀子


 

● 3/18(金) 農業とコミュニティエンパワメント

 15:00 〜 17:00
 @ ふろむあーすカフェ・オハナ(三軒茶屋)

 参加費:オープンチャージ・カンパ制 + 1オーダー
 (*定員制・要予約)


 お問い合せ・予約は、以下のフォームよりお願いします
 (日時・タイトルも併記お願いします)
 http://form1.fc2.com/form/?id=914809


 ナチュラル&ピースSHOP + オーガニックベジCAFE
 ふろむあーす & カフェオハナ
 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6 (駅徒歩2分, 246通り沿い1F)
 Tel/Fax (03) 5433-8787
 http://www.cafe-ohana.com/
 Twitter:http://twitter.com/cafe_ohana
 facebook:https://www.facebook.com/fromEarthCafe.OHANA

 



佳奈・ロマン=アルカラ
食料システム研究者・翻訳家。
オランダエラスムス大学/東京大学修士。
専門はアフリカの農業政策、農業投資、持続可能な食料システム、
アグロエコロジー、システム思考。
東 アフリカ(モザンビーク・タンザニアなど)でフィールドワークを行い、
NGOや 国際機関・政府機関・企業関係者とともに、
持続可能な農業・食料システムの構 築を目指す。
研究の他に、アドボカシー活動や、国際会議での通訳・翻訳なども
行う。現在はサンフランシスコで子育て中。
趣味は鳥類観察、美術製作。好きな食べ物はパイナップルグァバ。


アントニオ・ロマン=アルカラ
食料システム研究者・コンサルタント・教師・ライター・
活動家・音楽家・農家。
専門は都市農業、パーマカルチャーデザイン、
アグロエコロジー、食料システム と社会運動。
UCバークレー栄誉学生、オランダエラスムス大学修士。
サンフランシスコを拠点とし、主に北半球の都市部における
持続可能な食料政策の実現ために草の根レベル・地域レベル・
政府レベルで活動を行う。
コミュニティ農場” Alemany Farm”創始者。
過去にサンフランシスコ市食料政策委員会
(Food Policy Council)のオーガナイザーを務める。
現在妻とともに子育て奮闘中。好きな食べ物はアイスクリーム。


堀田真紀子 
福岡県生まれ。
一九九四年より北海道大学で教鞭をとる。
専門は芸術の社会機能。
札幌ではひと・ギャラリー「森のひろば」という
コミュニティ・スペースを、
夕張郡由仁町では、アーティスト大井敏恭とともに
「由仁実験芸術農場」を運営しながら、
近年、札幌から夕張郡へと段階的な移住をすすめる。
2015年3月、これらの場の運営と、田舎暮らしを本格化させるため、
北海道大学を辞職。
主著『ナウトピアヘ サンフランシスコの直接行動』インパクト出版会など。


 
| fromearth1 | 農、自然農、パーマカルチャー | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
12/16(水) 『川口由一の自然農というしあわせ』上映会 〜スローシネマCAFE @OHANA〜
9月より毎月上映している「スローシネマCAFE」。
今月、12/16(水) は、自然農の巨頭、川口由一さんの
『川口由一の自然農というしあわせ』上映です。

現代を代表するエコ賢人、サティシュ・クマールさんを
総合アドバイザーに、「アジア発エコロジー」を掲げ、
辻信一さん、ナマケモノ倶楽部、ゆっくり小学校の映像プロジェクト、

「ナマケモノDVDブック」スローシネマ」シリーズ。

サティシュ・クマールさん(インド)に続く、第2作が、
日本が世界に誇る
川口由一』さんです。

「自然農の田畑に立って、いのちあるお米と向き合うと、
 まことの喜びに出会えます」

自然農とは農業のやり方を言うのではない。
「自然とはなにか」「いのちとはなにか」を考え学ぶ概念であり、
自ずから然らしむる“いのちの営み”に寄り添う生き方そのものだと川口さんは言う。
永く自然農を実践してきた川口さんの言葉と、
自然農によってつくりだされた田畑の美しさや豊かさは、
自然と生きる歓びや、農にかかわる楽しさを教えてくれるだろう。

 

いのちの道へ−川口さんの言葉

・自然農への転換は、生き方を問い直すことからはじまる。

・太陽の恵みを、風の恵みを、空気を、水を、
 すべての自然の恵みをもらって、ここで生かされてるんだな…。

・生きるのに必要なものをもたらしてくれるのは、
 いのちの営みのなかでつくりだされる自然の恵みしかない。

・自力のところでは100% 自分を全うし、
 他力のところでは100% 生かされる存在。

・地球に存在するすべてのいのちは一体。

・いのちがいのちの営みのなかで、いのちの姿をあらわすことに感動がある。

・どこにしあわせがあるのかを悟ったならば、
 生かされるなかで、平和に生きることができる。

・自然農とは「いのちの道」「人の道」「わが道」を同時に生きること。
 


● 12/16(水) 19:30 start (19:00 open)
 @ ふろむあーすカフェオハナ(三軒茶屋) 

 上映:『川口由一の自然農というしあわせ』

 参加費:1000円 + 別途1オーダー
     (*できるだけ事前にご予約ください)


 お問い合せ・予約は、以下のフォームよりお願いします。

 http://form1.fc2.com/form/?id=914809


 ナチュラル&ピースSHOP + オーガニックベジCAFE
 ふろむあーす & カフェオハナ
 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6 (駅徒歩2分, 246通り沿い1F)
 Tel/Fax (03) 5433-8787
 http://www.cafe-ohana.com/
 Twitter:http://twitter.com/cafe_ohana
 facebook:https://www.facebook.com/fromEarthCafe.OHANA


● 川口由一
1939 年奈良県桜井市生まれ。
70 年代より「耕さず、肥料・農薬を用いず、草や虫を敵にしない」ことを
理念に掲げた「自然農」をはじめる。
その後漢方医学と出会い、農と医療の両面から、
いのちの営みに沿った生き方を実践。
「妙なる畑の会」、「赤目自然農塾」などの学びの場を通して、
自然農を全国に伝えている。
著書に『自然農という生き方〜いのちの道を、たんたんと』(辻信一との共著・大月書店)、
『はじめての自然農で野菜づくり』(学研パブリッシング )、
『自然農の米づくり』(川口由一監修 創森社)、
『誰でも簡単にできる! 川口由一の自然農教室』(川口由一監修 宝島社)などがある。


● 辻信一
文化人類学者。環境運動家。明治学院大学国際学部教員。
スローやGNH(国民総幸福)をキーワードに
環境=文化運動に取り組むほか、数々の社会的起業にも関わる。
「ゆっくりノートブック」シリーズ(大月書店)8巻に続き、
「ナマケモノDVDブック」シリーズを企画。



世界中の農業は近代化の果てに、
今やいのちの世界から遠く隔たった場所に行きついてしまいました。
農と食は人類の生存の基盤そのものです。
それが、市場競争の中にまき込まれ、
さらにグローバルな自由貿易の渦中に放り込まれてしまったのです。
中小の農家はより大規模な農場に吸収され、
地域の自給的な農は姿を消し、農山村の人口の多くが都会へ流れ出ました。
今や田畑は単一の換金作物を大量生産する工場のよう。
効率化の先端にあるはずの先進国の農業は
「十のエネルギーを投入して一を得る」という不効率の極みにあります。

それが私たちの時代です。かつていのちを育み、
幸せな社会と幸せな人生の基盤を築くはずだった農的な営みが、
人類の未来を脅かすものへと変貌してしまったのです。

そんな時代にあって、自然農とは何を意味するのでしょう? 
それは、こんがらがった糸をほどくように、
農耕という営みの大もとへと辿り直すことにちがいありません。
耕さない、肥料も農薬も使わない、動力機械も使わない、
虫や草や鳥を敵としない・・・。
そんなふうに余計なものをひとつずつ引き算していけば、
しまいには、農の原形が浮かび上がるはずです。
人間と大地とのあるべき関係がそこに再び姿を現すでしょう。

農業を超えて、川口由一さんの物語はすべての人に開かれています。
それは、人が人として生きる意味を、
人がひとつのいのちとして生きる意味を、
そして人が個々の自分を生きるということの意味を語ってくれます。

世界はいよいよ曲がり角です。
今こそ、川口さんの言葉に耳を傾け、
その生き方に溢れている美しさや愉しさを見つめてみましょう。
そこには、大転換期を幸せに生きるための智恵が詰まっています。

                          辻信一


予告編
https://www.youtube.com/watch?v=Gz5UsWPojAE


 
JUGEMテーマ:環境問題
JUGEMテーマ:世界の先住民族、その文化、智恵
JUGEMテーマ:
無農薬の家庭菜園、農業、ガーデニング - 自然農
JUGEMテーマ:パーマカルチャー
| fromearth1 | 農、自然農、パーマカルチャー | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
12/13(日) ネットワーク農縁の20周年『収穫・感謝祭』@ ハンドレッドスクエア倶楽部(秋葉原)

OHANAのルーツ的存在といってもいい「ネットワーク農縁」。

フェアトレードショップ「ふろむ・あーす」を営む中で
「ネットワーク農縁」の
「新庄水田トラスト」「大豆畑トラスト」を知って、
国産フェアトレードの仕組みに感動し、
そのお米や大豆のおいしさに感動し、
トラスト制度に参加し、多くの人に紹介するようになりました。

海外から国内のことに目を向けるようになったのは、
「ネットワーク農縁」との出会いはとても大きかったです。

その後、OHANAをオープンするにあたって、
お米は「新庄水田トラスト」の「さわのはな」しか考えられませんでした。

その「ネットワーク農縁」も今年で20周年。

毎年・恒例の「収穫・感謝祭」は
今年は20周年記念スペシャルです。

いつも「ネットワーク農縁」のお米などをあつかっている
私たちお店のいくつかが料理を持ち寄ります。
楽しみです。


● ネットワーク農縁の20周年「収穫感謝祭」

 12/13(日) @ ハンドレッドスクエア倶楽部(秋葉原)

  ネットワーク農縁、新庄水田トラスト、
  大豆畑トラスト合同の収穫祭です。

 参加費:2,000円(*定員 制・事前予約制)


JUGEMテーマ:環境問題
JUGEMテーマ:無農薬の家庭菜園、農業、ガーデニング - 自然農
| fromearth1 | 農、自然農、パーマカルチャー | 00:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
11/20(金) ウチダケイスケ『旅する土のワークショップ』@カフェオハナ
「ミドリカフェ」のウチダ ケイスケさんを神戸からお招きし、
お話し会とワークショップ開催です。
(企画・共催:高木なおこさん)


以下、ご案内です〜。


「土」は何から出来ていますか?
「土」は誰がつくっていますか?
「土」はどんな栄養をもたらしていますか?
「土」はどれだけのペースで失われているか、知っていますか?

「旅する土の ワークショップ」では、
菜園づくりや花壇・観葉植物な
ど植物を育てる基盤となる
「土」についての理解を深めて
いきます。
そして「土」をめぐる環境問題についても、
一緒に考えて
いきます。




旅する大地実行委員会
『旅する土のワークショップ』


 11 月20 日(金) 19:30〜 (19:00 open)

  @カフェオハナ(三軒茶屋)

 講師:ウチダ ケイスケ(神戸「ミドリカフェ」代表)

 *内 容:
  ・「土」に関する基礎知識講義
   (土の成分、構造・仕
組み、成り立ち、市販と自家製の違い、
    土の状態のチェッ
ク方法、維持管理の仕方など)
  ・野菜とハーブ苗の寄せ植え
  (講義50 分、質疑応答20 分、植付け作業20分 予定)


 参加費:2,300 円(材料費込み)+ 1オーダー
 (
*定員に達したため、予約締め切らせていただきました)


 お問い合せ・予約は、以下のフォームよりお願いします。
 http://form1.fc2.com/form/?id=914809


 ナチュラル&ピースSHOP + オーガニックベジCAFE
 ふろむあーす & カフェオハナ
 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6 (駅徒歩2分, 246通り沿い1F)
 Tel/Fax (03) 5433-8787
 http://www.cafe-ohana.com/
 Twitter:http://twitter.com/cafe_ohana
 facebook:https://www.facebook.com/fromEarthCafe.OHANA



《ウチダ ケイスケ プロフィール》
神戸「ミドリカフェ」代表。
京都工芸繊維大学卒業後、
園コンサルタントに約8年従事。
独立後、都市部におけるエコでスローな
ライフスタイルを提案する「ミドリカフェ」を、
神戸の岡本で2007年にオープン。
無添加・無農薬で育てる菜園や庭づくりの設計デザインや
ガーデニング雑貨やタネ苗の販売を行っています。
兵庫県立淡路景観園芸学校インストラクター、
神戸大学農学研究科地域連携センター学術研究員。
森と街をつなげる「旅する大地」実行委員会代表。



JUGEMテーマ:パーマカルチャー
JUGEMテーマ:環境問題
| fromearth1 | 農、自然農、パーマカルチャー | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
9/30(水) パーマカルチャーな暮らしをもっと身近に☆「ソーヤー海の人生を変えるパーマカルチャー・ツアー2015」ご報告
以下、9/30のイベントの企画、報告者の高木尚子さんより。

------------------------------------------------------

東京アーバンパーマカルチャー主宰ソーヤー海くんの

【人生を変えるパーマカルチャー・ツアー2015】に
加して来ました!

カフェオハナさんのオーガニックフードに舌鼓を打ちながら、
アメリカのシアトルで実践されているパーマカ
ルチャーの様子を
皆さまと共有させて頂き、皆さまと一緒
に、
パーマカルチャーな未来を創造していく機会にしたい
と思います。


〜ツアー報告者〜
 高木尚子



〜パーマカルチャーとは〜

人間にとって恒久的持続可能な環境をつくり出すための
デザイン体系のこと。
パーマネント(permanent永久の)と
アグリカルチャー(agriculture農業)を縮めたもので、
同時にパーマネントとカルチャー(文化)の縮約形でもあります。

パーマカルチャーは、永続可能な農業と倫理的な土地利用
植物、動物、建物および、水、エネルギー、コミュニケーションなどの
生産基盤の各要素間に繋がりを生み出し、
生態学的に健全で経済性も成り立つシステムをつくり出す仕組みです。


〜ツアーで触れたパーマカルチャーの内容〜

1.Bullocks‘ Permaculture Homestead

http://www.permacultureportal.com/
     
2.アパートでの実践例@シアトル

3.コミュニティーガーデン シアトル

4.コミュニティーガーデン◆シアトル

5.レストラン屋上のエディブルガーデン@シアトル



〜日時・場所〜

● 9/30(水) 19:00 〜 21:00 

 @カフェオハナ



〜参加要件〜
ドネーション+1オーダー



〜予約(*できるだけ事前にご予約ください)〜

 お問い合せ・予約は、以下のフォームよりお願いします。
 
http://form1.fc2.com/form/?id=914809


 ナチュラル&ピースSHOP + オーガニックベジCAFE
 ふろむあーす & カフェオハナ
 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6 (駅徒歩2分, 246通り沿い1F)
 Tel/Fax (03) 5433-8787
 
http://www.cafe-ohana.com/
 Twitter:http://twitter.com/cafe_ohana
 facebook:https://www.facebook.com/fromEarthCafe.OHANA





JUGEMテーマ:パーマカルチャー
| fromearth1 | 農、自然農、パーマカルチャー | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
3/4(水) 発酵液作り + 農の話&ワールドカフェ 〜トランジション世田谷 自給自足プロジェクト 「茶沢大学(仮)」キックオフ【食と農を考える実践ワークショップ】

OHANAの味噌造りワークショップなどでもお馴染みの
北海道・ニセコで、無農薬・無肥料栽培で、
豆やお米を育てる農家/パーマカルチャーデザイナーの
アーチさんの「
食と農を考える実践講座」を
開催いたします。

 

お米、豆、農と、3日連続での開催です。

また、
3月から始まるトランジション世田谷 茶沢会の

自給自足プロジェクトに向けて、
玄米スープや豆腐、発酵液などを作りながら、
ワールドカフェを通して、
企画、計画まで進めたいと
思います。

自給自足へ向けての意識の共有の場として、
いろんなアイデアを持ち寄り、
今後の自給自足の道に繋げたいと思っています。


個々が持っている知識や知恵を有
機的に繋げる場にもしたいと
思ってます。

都会では自給自足は無理だとあきらめている方も

多いと思いますが、知識や知恵はどこよりも揃っています。

これを有効活用すれば、面白いものが生まれる予感がします。
茶沢大学(仮)は、みんなで学ぶ場であり、
教える場にはしたくありません。

参加者みんなが先生であり、
生徒であるという
場にできたらとおもいます。

自給自足を模索している方は是非、ご参加ください。
参加費も、実験的に、
ギフトエコノミーにて開催いたします。

ギフトエコノミーについては、ソーヤ海さんが
ご自身のHPで詳しく書かれているのが秀逸ですので、
そちらをご参照いただければとおもいます。

http://tokyourbanpermaculture.blogspot.jp/p/blog-page_01.html


どうぞお気軽に〜。
 

******************************

・ 3/2(月)玄米スープ, ライスミルク作り
         + お米の話、自給自足ワールドカフェ


・ 3/3(火)豆腐作り + お豆の話、自給自足ワールドカフェ

・ 3/4(水)発酵液作り + 農の話、自給自足ワールドカフェ

 (*どちらか1日だけの参加も大歓迎ですのでお気軽に〜)


******************************

場 所:ふろむあーすカフェ・オハナ
    東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6 豊栄ビル1F
    (​東急 田園都市線/世田谷線 三軒茶屋駅 徒歩2分位)
    http://www.cafe-ohana.com/access.html


******************************



3/4(水)発酵液作り + 農の話、自給自足ワールドカフェ

 時間:19:00〜21:30

 場 所:ふろむあーすカフェ・オハナ

 参加費:
ギフトエコノミー + 1オーダー

 定 員:10名



 講師:アーチ(無農薬・無肥料栽培農家/パーマカルチャーデザイナー)


 概要:

 ・発酵液作り と 発酵液の使い方、農のお話し

 ・ワールドカフェ
  自給自足プロジェクト開催への提案、アイデア、計画、
​  自給自足の世界とは、など

 

 (* 持ち物:エプロン、お手拭き、持ち帰り用ペットボトル)


 ----------------------------------------------------------


 お問い合せ・予約は、以下のフォームよりお願いします。
 http://form1.fc2.com/form/?id=914809


 ナチュラル&ピースSHOP + オーガニックベジCAFE
 ふろむあーす & カフェオハナ
 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6 (駅徒歩2分, 246通り沿い1F)
 Tel/Fax (03) 5433-8787
 http://www.cafe-ohana.com/
 Twitter:http://twitter.com/cafe_ohana
 facebook:https://www.facebook.com/fromEarthCafe.OHANA


JUGEMテーマ:自給自足 自然農法 炭素循環農法
| fromearth1 | 農、自然農、パーマカルチャー | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
3/3(火) 豆腐作り + お豆の話&ワールドカフェ 〜トランジション世田谷 自給自足プロジェクト 「茶沢大学(仮)」キックオフ【食と農を考える実践ワークショップ】

OHANAの味噌造りワークショップなどでもお馴染みの
北海道・ニセコで、無農薬・無肥料栽培で、
豆やお米を育てる農家/パーマカルチャーデザイナーの
アーチさんの「
食と農を考える実践講座」を
開催いたします。

 

お米、豆、農と、3日連続での開催です。

また、
3月から始まるトランジション世田谷 茶沢会の

自給自足プロジェクトに向けて、
玄米スープや豆腐、発酵液などを作りながら、
ワールドカフェを通して、
企画、計画まで進めたいと
思います。

自給自足へ向けての意識の共有の場として、
いろんなアイデアを持ち寄り、
今後の自給自足の道に繋げたいと思っています。


個々が持っている知識や知恵を有
機的に繋げる場にもしたいと
思ってます。

都会では自給自足は無理だとあきらめている方も

多いと思いますが、知識や知恵はどこよりも揃っています。

これを有効活用すれば、面白いものが生まれる予感がします。
茶沢大学(仮)は、みんなで学ぶ場であり、
教える場にはしたくありません。

参加者みんなが先生であり、
生徒であるという
場にできたらとおもいます。

自給自足を模索している方は是非、ご参加ください。
参加費も、実験的に、
ギフトエコノミーにて開催いたします。

ギフトエコノミーについては、ソーヤ海さんが
ご自身のHPで詳しく書かれているのが秀逸ですので、
そちらをご参照いただければとおもいます。

http://tokyourbanpermaculture.blogspot.jp/p/blog-page_01.html


どうぞお気軽に〜。
 

******************************

・ 3/2(月)玄米スープ, ライスミルク作り
         + お米の話、自給自足ワールドカフェ


・ 3/3(火)豆腐作り + お豆の話、自給自足ワールドカフェ

・ 3/4(水)発酵液作り + 農の話、自給自足ワールドカフェ

 (*どちらか1日だけの参加も大歓迎ですのでお気軽に〜)


******************************

場 所:ふろむあーすカフェ・オハナ
    東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6 豊栄ビル1F
    (​東急 田園都市線/世田谷線 三軒茶屋駅 徒歩2分位)
    http://www.cafe-ohana.com/access.html


******************************



・ 3/3(火)豆腐作り + お米の話、自給自足ワールドカフェ


 

 時間:19:00〜21:30

 場 所:ふろむあーすカフェ・オハナ

 参加費:
ギフトエコノミー + 1オーダー

 定 員:10名



 講師:アーチ(無農薬・無肥料栽培農家/パーマカルチャーデザイナー)


 概要:

 ・豆腐作り と お豆のお話し

 ・ワールドカフェ
  自給自足プロジェクト開催への提案、アイデア、計画、
  自給自足の世界とは、など


 (* 持ち物:エプロン、お手拭き、髪留め三角巾)


 ----------------------------------------------------------


 お問い合せ・予約は、以下のフォームよりお願いします。
 http://form1.fc2.com/form/?id=914809


 ナチュラル&ピースSHOP + オーガニックベジCAFE
 ふろむあーす & カフェオハナ
 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6 (駅徒歩2分, 246通り沿い1F)
 Tel/Fax (03) 5433-8787
 http://www.cafe-ohana.com/
 Twitter:http://twitter.com/cafe_ohana
 facebook:https://www.facebook.com/fromEarthCafe.OHANA

 


JUGEMテーマ:自給自足 自然農法 炭素循環農法
| fromearth1 | 農、自然農、パーマカルチャー | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

bolg index このページの先頭へ