blog index

ふろむあーす & カフェオハナ 地球日記

フェアトレード&エコロジー&オーガニック+ミュージック・ショップ、地球雑貨 ふろむ・あーすと、
オーガニック & コミュニティ・カフェ + ナチュラル・キッチン&バー、ふろむあーすカフェ・オハナの
ブログ(日記・お知らせ等)です。
(カフェオハナ:東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6-1F)
ほぼ毎日の更新です。よろしくお願いします。
(コメント、トラックバックは承認制となっています。)
ふろむあーす、カフェオハナ、それぞれの情報は、それぞれのHPをご参照お願いいたします。
http://www.cafe-ohana.com/
それぞれTwitter、Facebookもやっていますので、
そちらも どうぞよろしくお願いします。
<< ライフスタイルフォーラム、六カ所、原発・・ | main | まるかじり西アフリカ(11/11)報告 >>
草木染めワークショップ報告
ふろむ・あーす、秋の恒例、
自然素材を使っての草木染めワークショップ。

講師の帯刀貴子さんは、
ウールなどを手紡ぎ、手編みをする作家さんです。
作品作りの一工程である草木染めを、豊富な知識と経験から、
実践に役に立つアドバイスを交えて教えてくださいました。

今回は、
周防の木のチップ、セイタカアワダチソウ(野性)、たまねぎの皮を使い、
鉄媒染とミョウバン(アルミ)媒染で、5色の色ができました。
(セイタカアワダチソウはミョウバン媒染のみ)

ミョウバンの時のすおうのビビットなピンクが、
鉄のばいせんに浸けるとシックな紫色になり、
一同感心いたしました。
参加者の方が持参した2才女児のタイツが、かわいらしい赤に近いピンク色に、
同じ素材で私の5本指ソックスがトルコ桔梗のような紫色になりました。


他の素材もよく色が入ったので、
最後に糸や輪ゴムをほどいていく時は自分のものは勿論、
人の物も気持ちがわくわくとして皆で鑑賞をして楽しいひと時でした。


今回とてもよく色が染まったのは、
下処理(豆汁処理)がよくなされていたからだそうです。
たまねぎの皮が思ったより濃い色に染まったり、
雑草と言われる「せいたかあわだちそう」ですが、
空き地や駐車場の脇で咲いているのをみると、
今までとは違った見方をするようになりました。

植物はその年の日照や降雨量などで染まり方も違ってくるそうです。
思ったように染まらなかった時、
帯刀さんは「この一年いろいろあったのね。」と植物に話し掛けるそうです。
自然界のことだからどうしようもないですよね、とさわやかに笑います。

フェアトレードには草木染めの商品が結構あります。
流れる雲にさえ影響されたり、落ち葉がくっついたりして、
自然環境に本当に左右されるので、
みんな同じものに仕上がるとは限らないそうです。
ある意味世界に一つだけのものとなるわけです。
お店にある草木染めの衣類等がまたとっても愛おしくなりました。

あと、帯刀さんのサイトは、下記です。  (Etsuko)
http://home.catv.ne.jp/ff/baru/

| fromearth1 | 染めもの(染色) | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.from-earth.net/trackback/477366
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

bolg index このページの先頭へ