blog index

ふろむあーす & カフェオハナ 地球日記

フェアトレード&エコロジー&オーガニック+ミュージック・ショップ、地球雑貨 ふろむ・あーすと、
オーガニック & コミュニティ・カフェ + ナチュラル・キッチン&バー、ふろむあーすカフェ・オハナの
ブログ(日記・お知らせ等)です。
(カフェオハナ:東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6-1F)
ほぼ毎日の更新です。よろしくお願いします。
(コメント、トラックバックは承認制となっています。)
ふろむあーす、カフェオハナ、それぞれの情報は、それぞれのHPをご参照お願いいたします。
http://www.cafe-ohana.com/
それぞれTwitter、Facebookもやっていますので、
そちらも どうぞよろしくお願いします。
<< お馴染み、お野菜のはなしです。 | main | ふろむ・あーすもグリーン電力へ! >>
ふろむ・あーすの年配のお客様のおはなし
「ふろむ・あーす」のある仲見世商店街は、
戦後の青空市場から出発しています。

三軒茶屋の街並みは、他の街同様、ものすごく変わったのでしょうが、
ここ、仲見世は、60年前の面影を今も残していて、
仲見世を愛してくださる年配の方も、多くいらっしゃいます。

本日のふろむ・あーすのシンクロは、
「お年寄りの話に、耳を傾ける。」
でした。

フェアトレードの取材に来た、吉祥寺のS大・女子学生さん(20代)。
2歳児の母であり、NGOなどの通訳ボラの常連さん(30代)。
そして、私(40代)。

そこに、たくさんの野菜を 毎週、買ってくださる
常連の78才の女性・Sさんが来店。

さまざまな世代の女3人は、
その方を囲む形で、たくさんの話を聞かせていただきました。

その方の健康法、
黒酢にアボガドやバナナを漬けて、
1〜2日後に水で割っていただくと、
肩こりがすーっと、なくなるそうです。
最近時々お店に登場するフェアトレード・バナナのファンです。

植木職人の頭領の70代の男性は、
カサブ石けんとアレッポのせっけん(エクストラ) のファンです。

「いろいろ、高い物も試したけど、
 髪にはこれが良いね。 黒いのが生えてきたよ。」
って。

「えっ、ホントですか?」

東大生が何人も植木屋さんの見習いに来てるそうです。
時代はかわったね、と。
今日は、戦前に京都でダンスホールをなさっていた、
ご実家の話を伺いました。

「日本人は、長生きするようになった。
 将来自分がどうなるか見ておきなさい。」
とSさんは仰いました。

ホントにそうだと思います。

私は、お年寄りと言われる人の話を聞くのが、好きです。
過去の事が、本人も時代もその記憶の中から、生き生きと語られます。

時間とは、客観ではなく主観的なものだと実感します。
他人からは容姿や年齢で判断されますが、
それとは別な心の営みがあるのです。

「年を重ねることがどういうことなのか」
感性は、ある意味、益々、みずみずしくなるのではないかしら。
| etsuko | スタッフコラム | 03:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.from-earth.net/trackback/576530
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

bolg index このページの先頭へ