blog index

ふろむあーす & カフェオハナ 地球日記

フェアトレード&エコロジー&オーガニック+ミュージック・ショップ、地球雑貨 ふろむ・あーすと、
オーガニック & コミュニティ・カフェ + ナチュラル・キッチン&バー、ふろむあーすカフェ・オハナの
ブログ(日記・お知らせ等)です。
(カフェオハナ:東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6-1F)
ほぼ毎日の更新です。よろしくお願いします。
(コメント、トラックバックは承認制となっています。)
ふろむあーす、カフェオハナ、それぞれの情報は、それぞれのHPをご参照お願いいたします。
http://www.cafe-ohana.com/
それぞれTwitter、Facebookもやっていますので、
そちらも どうぞよろしくお願いします。
<< OHANA 〜本日(8/23) のメニュー〜 | main | OHANA 〜本日(8/24) のメニュー〜 >>
8/28(土) スワノセ第四世界 上映 & 谷崎テトラLIVE
この8月に
屋久島の写真展をOHANAで開催した
一番の理由は、
屋久島に暮らした 平和を願う詩人、
山尾三省さんの命日が8/28だから。

三省さんを・・、屋久島を
少しでも身近に感じたかったから・・。

その三省さんの命日、8/28に、
上映、LIVE、ポエトリィーリーディングという
盛りだくさんのイベントを企画しました。


上映する映画は、
上野圭一さん監督の幻の映画
「スワノセ・第四世界」。

そして、参加されるみなさんから・・
心にもっとも響いたお気に入りの三省さんの詩をもちより、
その詩を朗読する時間。

そして、締めは、
谷崎テトラさんのVOID OV VOIDのLIVE!

壁面を飾るのは、
瑳山ゆりさんの『イノチウルオウ』屋久島 の写真。


屋久島に・・
山尾三省さんに捧げる夜。

ぜひぜひ、お越しください。

ノーチャージ・投げ銭制ですので、
お気軽にどうぞ。
お食事もできます。


● 8/28(土) スワノセ第四世界上映 & 谷崎テトラLIVE 
       〜山尾三省に捧げる夜〜
 19:30 start   
 @ふろむあーすカフェ・オハナ(三軒茶屋)
 ノーチャージ(投げ銭制) * 要 オーダー   
 (予約不要です。お気軽にどうぞ。)
 

【スワノセ・第四世界】

 製作=「スワノセ・第四世界」製作上映委員会 1976.06.25 
 75分 カラー 16ミリ 監督:上野圭一

 『スワノセ・第四世界』とは、
 1976年につくられた諏訪之瀬島が舞台のドキュメンタリー映像。
 16mmで撮影されたこの映画は、現存するフィルムが少ないために、
 滅多に見ることができない貴重な作品なのだそう。

 かつて諏訪之瀬島は、19世紀に活火山が大噴火をしたため、
 約70年間もの間、無人島となっていました。

 その後、奄美からの開拓団が入植し、
 続いて60年代には、都会の暮らしを離れて
 諏訪之瀬島に移り込む人々が増えていきました。

 折しも諏訪之瀬島は、ヤマハがリゾート開発に着手した頃で、
 自然と調和した暮らしを求める人々は、その開発に反対運動をおこし、
 結果、開発は途中で立ち消えになりました。

 当時の諏訪之瀬島には、
 ビートニクス(アメリカの文学ムーヴメント)に影響された
 詩人や思想家が多く集まっており、
 故山尾三省さん、ナナオ・サカキさんもその一人。

 映画の中では、アレン・ギンズバーグやゲイリー・スナイダーといった
 20世紀を代表する詩人達も登場し、諏訪之瀬島の危機を訴えているそうです。

 この「第四世界」という名称の由来に絡めて、
 ナナオさんは以下のように話しています。

 当時は今ほど「エコロジー」という言葉がまだ一般化されていなかったけれど、
 今、私達が直面している問題とまったく変わらない問題に、
 彼らも一生懸命立ち向かっていたことが見て取れます。

 「この地球には、まず日本やアメリカなどの帝国主義国家(資本主義国家)がある。
  これを1としよう。
  2番目にはソ連や中国などの共産主義国家がある。
  そして3番目にアジアやアフリカ、南アメリカなどの
  1や2に近づこうとしている国々がある。
  しかし地球には、まだこの1,2,3のどれにも属していない
  4番目の勢力(人々)がいる。
  それは、第3世界のように1や2に近づこうとは決して思っていない種類の人間たちだ。
  それを代表するのは、例えばブッシュマンやアメリカインディアン、
  ニューギニア人や中南米のインディオたち。バンヤン。
  そして日本にもアメリカにも少数だが確かにいる人たちだ。
  これはつまり、ぼくらのことだ。

  1も2も3の世界もともに自分自身の目先の利益、
  物にとらわれきってしまっており、
  そのためには全人類のものであるはずの地球を汚し
  破壊することも平気でやっている今、
  ぼくら、第4世界の人間たちは、
  全世界の問題を引き受けなければならなくなってきた。

  ぼくらはそれらの問題から逃げるべきではない。
  それがぼくらのやるべき仕事なんだ。
  そこにおいて利益は問題ではない。
  問題なのは地球への、そして一人一人の人間への愛(LOVE)であり尊敬なんだ。
  火山や黒潮が大切なのも、それが地球の代表だからだ。

  ゲイリーが“スワノセは国宝ではなく地球宝にするべきだ”と言ったが、
  そういう視点が必要だ。
  “ スワノセを企業の暴力から護ろう!”というのは
  地域エゴからいうのではなく、地球全体が大事だからやるということだ。」

  (「名前のない新聞」1974年夏の号外より)



【谷崎テトラ】

 1997年、温暖化防止京都会議(COP3)をきっかけに環境保護活動に参加。
 97年温暖化防止レインボーパレード、98年カーフリーデー、
 99年アースデイ東京などにスタッフ参加。
 99年より環境をテーマにしたコミュニティカフェBeGood Caféの企画・構成にかかわる。
 毎月都内でおこなわれるトークイベントは今年で100回を数え、
 50団体以上のNGOの80人を越えるトークゲストをコーディネイトした。
 2000年のアースデイでは坂本龍一氏のライブを企画構成。

 環境TV番組の構成としては『素敵な宇宙船地球号〜コアジサシを救え』(テレビ朝日)、
 世界最大の環境イベントを取材した『グラストンベリーの旅』、

 環境をテーマにしたラジオ番組では2003年よりTOKYO FM 環境番組『Good on Earth』、 
 『PEACE OF EARTH』、生放送番組『ハミングバード』などの企画構成、
 ゲストコーディネイトのほか、環境特番『エコロジークリスマス』、
 小林武史がプロデユースする環境イベントの『東京環境会議』『Ap Bank Fes07』、
 坂本龍一出演の『木を植えるということ』などの構成を担当した。

 雑誌の編集ではエコ雑誌「ソトコト」での執筆のほか、
 「アースデイハンドブック」「スロー&スマイルライフスタイルブック」など企画編集多数。
 
 2001年より海外のエコ取材にも勢力的にでかけ、
 温暖化で沈み行く南の島ツバル、アメリカ、イギリス、イタリア、オーストラリアでの
 エコビレッジの取材、環境デザイン体系であるパーマカルチャー、地域通貨の紹介など、
 持続可能なコミュニティを様々なメディアで紹介している。

 2005年愛知万博では地球市民村・オーガニックカフェの会場音楽を構成。
 トークやライブなどにも出演のほか、学生たちのワークショップなども企画した。

 環境省主催の「ライフスタイル見直しフォーラム」や
 各地の市長が集まる「スローライフサミット」などシンポジウム、トークイベントの出演多数。

 2007年11月にリリースされる屋久島の自然音を収録したCDなど、
 環境音楽のプロデュースも数多い。
 HP: http://www.kanatamusic.com/tetra/


【山尾三省(やまお・さんせい)】

 詩人、1938年東京生まれ。
 早稲田大学西洋哲学科を中退し、1960年代の後半にナナオサカキや長沢哲夫らとともに、
 社会変革を志すコミューン活動「部族」をはじめる。

 1973年、家族と、インド、ネパールへ1年間の巡礼の旅に出る。
 1977年、屋久島の廃村に一家で移住。
 以降、白川山の里づくりをはじめ、田畑を耕し、
 詩の創作を中心とする執筆活動の日々を屋久島で送る。

 1997年春、旧知のアメリカの詩人、ゲーリー・スナイダーと
 シエラネバダのゲーリーの家で再会。
 ゲーリーとは、1966年に京都で禅の修行をしていた彼と会ったのが最初で、
 そのとき、ふたりは1週間かけて、修験道の山として知られる大峰山を縦走している。
 ゲーリーがアメリカに戻り、三省はインドへ、そして屋久島へ移住したため、
 長い間交流がとだえていた。

 三省は、ゲーリーの近年のテーマが
 バイオリージョナリズム(生命地域主義)であることを知り、
 自分が20年来考え続けてきた、「地球即地域、地域即地球」という
 コンセプトとあまりに近いことに驚いたという。
 2001年8月28日、屋久島にて亡くなる。
 (文:葉っぱの坑夫/だいこくかずえ)



・・ オーガニック&コミュニティ・カフェ + ナチュラル・キッチン&バー ・・
 from Earth Cafe "OHANA" (ふろむあーすカフェ・オハナ)
 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6(駅徒歩2分, 246通り沿い1F)
 Tel/Fax (03) 5433-8787
 http://www.cafe-ohana.com/
 Twitter:http://twitter.com/cafe_ohana
| fromearth1 | ライブ/イベント | 01:29 | comments(1) | trackbacks(1) | - | - |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2015/11/20 7:44 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.from-earth.net/trackback/861912
スワノセブログリンク
諏訪之瀬島に関連するブログ記事のリンク集です。トラックバックを受け付けているブログのみ掲載しています。随時追加していく予定です。 2010/10/27 惑星直列と空腹の日々@うつつ日記 2010/10/25 長沢哲夫@jormの日記 2010/10/24 ピラカンサの実!@トカラ(口之
| SwaNowSay 諏訪之瀬島のイマ | 2010/10/29 8:08 AM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

bolg index このページの先頭へ