blog index

ふろむあーす & カフェオハナ 地球日記

フェアトレード&エコロジー&オーガニック+ミュージック・ショップ、地球雑貨 ふろむ・あーすと、
オーガニック & コミュニティ・カフェ + ナチュラル・キッチン&バー、ふろむあーすカフェ・オハナの
ブログ(日記・お知らせ等)です。
(カフェオハナ:東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6-1F)
ほぼ毎日の更新です。よろしくお願いします。
(コメント、トラックバックは承認制となっています。)
ふろむあーす、カフェオハナ、それぞれの情報は、それぞれのHPをご参照お願いいたします。
http://www.cafe-ohana.com/
それぞれTwitter、Facebookもやっていますので、
そちらも どうぞよろしくお願いします。
<< OHANA 〜本日(10/19) の予定・メニュー〜 | main | 10/21(日) アイヌ交流ウィーク 親子向けワークショップ @羽根木プレーパーク >>
1988年いのちのまつり「セイクレッドラン」上映会とお話し
旭川の川村シンリツ・エオリパック・アイヌさんと
ランドアンドライフ代表、辰巳さんをお招きした
とても素晴らしいイベントを開催することになりました。

以下、このイベントの企画・コーディネートをされている
studio yukarの広瀬敦子さんより。

----------------------------------------

今年も、東京に 旭川の川村シンリツ・エオリパック・アイヌさんを
お招きすることができました。

数々のイベントの中から、
わたしは今最もお話をおききしたいことに
スポットをあてさせていただき、
オハナさんのご協力のもと
こんなに素晴らしい会をひらくことができました。
ぜひ、ご参加ください。


●とき 2012年10月20日(土)

●時間 18時30分 開演〜解説と上映
    20時〜  川村さんお話・辰巳さんお話
    22時   終了予定

●参加費 2000円(別途 ワンオーダー)* 要 予約

●場所 ふろむあーすカフェオハナ
    http://www.cafe-ohana.com/
    【住所】世田谷区三軒茶屋1-32-6 豊栄ビル1F
    【TEL/FAX】(03) 5433-8787


今年は12年ぶりに「いのちのまつり」が行われますが、
1988年のまつりの際おこなわれた祈りのランニング、
「セイクレッドラン」について、
川村シンリツ・エオリパック・アイヌさんと
ランドアンドライフ代表、辰巳玲子さんにお話を伺います。

セイクレッドランは、
アメリカインディアン解放運動のデニス・バンクスが提唱し、
1988年の6月10日ニューヨーク州イロコイ6カ国オノンダガから
1ヶ月かけてサンフランシスコまで、
「大地といのちを癒すためのランニング」と称して、
インディアンたちや仲間によって走られました。

その後、サンフランシスコから日本へランナーはわたり、
広島から幌延まで1ヶ月かけて
核施設、原発をめぐりながら走りました。

日本側の受け入れを、ランドアンドライフが行い、
また幌延ではアイヌ民族によるカムイノミで受け
川村さんも尽力されました。

先住民族にとって「核」とは、「原発」とは、
日本人のわたしたちに問われることは多くあります。


当時の「核廃絶」の願いと記録は、
今に色あせず「脱原発」へ向かい 力強いメッセージを放つでしょう。
記録映像をみながら、当時の核廃絶への思い、
川村さんがアイヌ民族として関わってこられた脱原発への思い、
セイクレッドランの願いを未来への架け橋とする
辰巳さんのお話をお伺いします。


また、近年のアイヌ民族をめぐる問題や、
川村さんの民族復権にかける思いなどについて、
また当時 のランナーのおひとり、
秋山太一さんをもお招きして
ご一緒にお話をお伺いする予定です。


(補足・親子企画もあわせてどうぞ)
☆ アイヌ民族交流ウィーク【親子向けワークショップ】
 10月21日(日)@ 羽根木公園プレーパーク
 13時〜16時
 鮭のカムイノミ(鮭のカムイに感謝するお祈りの儀式)を行い、
 その鮭でオハウ(鮭汁)をつくります。
 ムックリ(口琴)や弓矢もつくります。



お問い合せ・ご予約は、以下のフォームよりお願いします。 
http://milk.candybox.to/from-earth/postmail/postmail.php 


ふろむ・あーす & カフェ・オハナ 
東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6 (駅徒歩2分, 246通り沿い1F) 
Tel/Fax (03) 5433-8787 
http://www.cafe-ohana.com/ 
Twitter:http://twitter.com/cafe_ohana



●川村シンリツ・エオリパック・アイヌさんプロフィール
1951年旭川市近文コタンに生まれる。
「シンリツ エオリパック アイヌ」は
おばのユーカラ伝承者の故砂沢クラさんが命名。
「先祖を大事にする人」という意味。
父カネトは測量技師で飯田線(愛知県)を測量した。
カネトは「金を採る人」という意味。
高校を卒業して上京。父カネトが死去したため帰郷、
26歳で川村カ子トアイヌ記念館館長になる。
1985年、旭川では28年ぶりのイオマンテ(熊送り)を行う。
旭川アイヌ語教室やチカップニアイヌ民族文化保存会などの
活動の中心的存在。

●辰巳玲子さん プロフィール
1957年神戸生まれ 
88年映画『ホピの予言』を通して、ホピの平和のメッセージと出会い
AIMリーダーののデニス・バンクス氏が提唱した
祈りのランニング「大地といのちのために走ろう」に参加。
アメリカ大陸横断と、広島〜北海道幌延まで原子力関係施設を巡って走る。
その後、監督宮田雪のパートナーとして、
映画撮影やランド・アンド・ライフの活動に関わるが、
1995年病に倒れた宮田の看護・介護に専念する。
そして、2001年911ニューヨークテロと2003年イラク戦争開戦を契機に
『ホピの予言2004年版』を制作し、活動を再開する。
2011年2月14日宮田雪66歳での旅立ちを見送り、311を迎えた。
現在は山での暮らしを基盤に、
次の世代に「地球の子供たち」としての生き方とスピリットを残すための、
新たな活動を始めようとしている。
ランド・アンド・ライフ  http://hoshimeguri.com/landandlife

○主催 studio yukarとは
カムイユカラ謡者の広瀬敦子が主催します。
ユカル、とはアイヌ語で「真似る」。
親から子へ、口承で受け継がれる大事な精神を引き継ぎ、伝えたい。
年に一度の「かむい語り」主演主催、
年間通じて主にアイヌ文化の紹介などを企画運営。


JUGEMテーマ:脱原発
| fromearth1 | ピース | 00:22 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.from-earth.net/trackback/872271
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/11/08 2:25 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/10/20 2:35 AM |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

bolg index このページの先頭へ