blog index

ふろむあーす & カフェオハナ 地球日記

フェアトレード&エコロジー&オーガニック+ミュージック・ショップ、地球雑貨 ふろむ・あーすと、
オーガニック & コミュニティ・カフェ + ナチュラル・キッチン&バー、ふろむあーすカフェ・オハナの
ブログ(日記・お知らせ等)です。
(カフェオハナ:東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6-1F)
ほぼ毎日の更新です。よろしくお願いします。
(コメント、トラックバックは承認制となっています。)
ふろむあーす、カフェオハナ、それぞれの情報は、それぞれのHPをご参照お願いいたします。
http://www.cafe-ohana.com/
それぞれTwitter、Facebookもやっていますので、
そちらも どうぞよろしくお願いします。
<< OHANA 〜本日(7/12) の予定、メニュー | main | OHANA 〜本日(7/13) の予定、メニュー >>
インド原発ドキュメンタリー「ハイ・パワー:大いなる力」上映 & プラディープ・インドゥルカー監督来日トーク @OHANA
“これほど口々にストレートに原発を告発する住民たちを
初めて見た。
原発周辺に暮らすインドの住民たちは実に率直なのだ。
たった27分の映像のなかに浮かび上がってくるのは
住民の姿と共にインド現代史である。
そして、フクシマとタラプールの果てに広がる
世界の原子力体制がじわりと迫ってくる。”
       池上善彦さん(「現代思想」前編集長)


未だに収束できない福島第一原発での事故を抱えながら、
さらに核兵器開発に転用できる原発の輸出をやめない日本。
とくに安倍政権はアジアに対しての売り込みに力を入れ、
とくに凄まじい経済成長を遂げているインドに対して、
日印原子力調停を提案しています。
インドでは、最古の原発タラプール原発、
そしてクーダンクラム原発、
そして建設中のジャイタプール原発の立地地域で、
人々が声をあげて反対しています。

この夏、インドのボンベイ出身の
プラディープ・インドゥルカー監督が来日します。
タラプール原発について描いた映画
「ハイ・パワー:大いなる力」の上映とともに、
現地の人々と関わりながら撮影を続けている
インドの反原発運動の状況を、
元原発エンジニアとしての経験を踏まえて伝えて頂ける
草の根での上映会、開催です。

OHANAでは、 7/23(水)に、上映と監督のトークを。
ぜひぜひ、お越しください。


● 7/23(水) インド・タラプール原発を描いた映画
      『ハイ・パワー:大いなる力』上映会
      & プラディープ・インドゥルカー監督来日トーク

 19:30〜 (19:00 open)
 @ ふろむあーすカフェ・オハナ(三軒茶屋) 

 参加費:1000円(別途 要1オーダー)

 お問い合せ・予約は、以下のフォームよりお願いします。
 http://form1.fc2.com/form/?id=914809


 ナチュラル&ピースSHOP + オーガニックベジCAFE
 ふろむあーす & カフェオハナ
 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6 (駅徒歩2分, 246通り沿い1F)
 Tel/Fax (03) 5433-8787
 http://www.cafe-ohana.com/
 Twitter:http://twitter.com/cafe_ohana
 facebook:https://www.facebook.com/fromEarthCafe.OHANA




『ハイ・パワー:大いなる力』

【あらすじ】
インド初の原発の立地地域、タラプール。
貧困と病苦にあえぐ住民の怒りが今、暗闇に燃え上がる。
電力を送り出す町には暗闇が広がり、
その闇はそこに留まっているかにみえる。
インド、マハラシュトラ州タラプール。
1964年建設のタラプール原子力発電所は、
当時、熱狂を持って迎えられたインド初の原発である。
地元の人々はその発電所を「ハイ・パワー」(大いなる力)と呼ぶ。
しかし、原発が立地するタラプールの地は、
その力が約束した夢から、はるか遠く離れている。
40年の長きに渡ってタラプールに起こってきた出来事は,
全世界がたどり着くべき目覚めである。手遅れになる前に。
人間の欲望を満たすための行為によってもたらされた別世界を背景に、
ドキュメンタリー「ハイ・パワー 大いなる力」は、
知られざる世界、描かれなかった風景、失われた命に光を当てる。
(以上、英文解説文より、翻訳協力:常松聡子)

【予告編】
https://www.youtube.com/watch?v=msxq0UifZlE


【プラディープ・インドゥルカー監督】
ムンバイ在住の映画監督であり、運動家です。
機械工学の専門家、科学技官として、1980年代より、
BARCバーバ原子力研究センターに12年間勤務しました。
1994年、自身の体調悪化を感じて同センターを退所後、
環境教育者としての活動を開始。
環境教育プロジェクトの一環として、
スリハリコタ島のISROインド宇宙開発機関内のセンターの
デザインなども手がけました。
2009年、ジャイタプール原子力発電所に関わる運動に加わり、
反原発の立場から2年かけて「ハイ・パワー:大いなる力」
を完成させました。
現在は遺伝子組み換え生物・食品についての
ドキュメンタリーを製作中です。


JUGEMテーマ:インド
JUGEMテーマ:国際情勢
JUGEMテーマ:原発
| fromearth1 | エネルギー、脱 原発 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.from-earth.net/trackback/873423
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

bolg index このページの先頭へ