blog index

ふろむあーす & カフェオハナ 地球日記

フェアトレード&エコロジー&オーガニック+ミュージック・ショップ、地球雑貨 ふろむ・あーすと、
オーガニック & コミュニティ・カフェ + ナチュラル・キッチン&バー、ふろむあーすカフェ・オハナの
ブログ(日記・お知らせ等)です。
(カフェオハナ:東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6-1F)
ほぼ毎日の更新です。よろしくお願いします。
(コメント、トラックバックは承認制となっています。)
ふろむあーす、カフェオハナ、それぞれの情報は、それぞれのHPをご参照お願いいたします。
http://www.cafe-ohana.com/
それぞれTwitter、Facebookもやっていますので、
そちらも どうぞよろしくお願いします。
<< ふろむあーす&カフェオハナ 〜 本日(9/6) のメニュー・予定 | main | 9/16(水) 『サティシュ・クマールの 今、ここにある未来』上映会 〜スローシネマCAFE @OHANA〜 >>
9/16(水) 『サティシュ・クマールの 今、ここにある未来』上映会 〜スローシネマCAFE @OHANA〜
スローシネマ「アジアの叡智」シリーズは、
危機の淵にある現代世界を、
新しい時代へと導いてくれるアジアの賢人たちへのインタビューを軸に、
その智慧のエッセンスを映像でとらえ、表現しようとする作品群です。

 
欧米先進国に主導された近代化と、それに続くグローバル化は、
世界中の人々を終わりのない経済成長へと駆り立て、
争いや格差を、そして資源枯渇や環境破壊を引き起こしてきました。
山積する深刻な問題を前に、
いまだ主流社会は既成の科学技術にその解決を委ね、
経済至上主義や物質主義というマインドセット(思考の枠組み)にとり憑かれたままです。


「ある問題を引き起こしたのと同じマインドセットのままで、
 その問題を解決することはできない」と言ったのはアインシュタインです。

 
人類生存そのものの危機という、
「問題」と呼ぶにはあまりにも巨大な問題を前にして、
さて、それを引き起こしたマインドセットとは何だろう、と問う。
そして、その枠の中からどうしたら、外へと抜け出すことができるのだろう、と。

 
本DVDプロジェクトは、これらの問いに対する私たちなりの答え探しの旅です。
旅のフィールドはアジア。
今も息づくアジアの知的伝統の中から、
現代世界を—そして他ならぬ私たち自身を—支配するマインドセットを
曇りない目で捉え、そしてそれを超え出るための手がかりを得ることを目指そう。
そんな思いから、スローシネマ・プロジェクトは始まりました。


このスローシネマの
シリーズ全体のアドバイザーでもあり、
第一作目がサティシュ・クマールさんの『今、ここにある未来』です。

東洋と西洋の思想を併せもち、
現代を代表するホリスティック思想の巨匠、
サティシュ・クマール。
「Soil(土)、Soul(心)、Society(社会)」の三位一体論をはじめ、
「豊かさとは」、「仕事とは」、「食べること」、「眠ること」、「歩くこと」…など、
危機の時代をポジティブに生きていくための考え方、暮らし方について、
あたたかく、力強く、シンプルな言葉で語っていく。
スローシネマシリーズの総合アドバイザーでもある
サティシュの英知と愛のエネルギーに満ち溢れた、
記念すべきスローシネマ第一弾!



サティシュさんはこう言っています。


・世界の問題を解決する第一歩は、あなたの今日の食事から

・私たちが眠るほど、地球も自分自身も助かります

・平和のためにできること? まず自分が平和を生きること

・歩くことで、地球から英知を授かるのです

・人の手でつくられたものは、人の手で変えることができます


サティシュさんの言葉、思想に触れてみませんか。
きっとなにかがひらけるはずです。



● 9/16(水) 『サティシュ・クマールの 今、ここにある未来』上映会
        〜スローシネマCAFE @OHANA〜

 19:30〜 (19:00 open)
 @ ふろむあーすカフェ・オハナ(三軒茶屋) 

 参加費:1000円(別途1オーダー)*予約制

 お問い合せ・予約は、以下のフォームよりお願いします。
 
http://form1.fc2.com/form/?id=914809


 ナチュラル&ピースSHOP + オーガニック・ベジCAFE
 ふろむ・あーす & カフェ・オハナ
 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6 (駅徒歩2分, 246通り沿い1F)
 Tel/Fax (03) 5433-8787
 
http://www.cafe-ohana.com/
 Twitter:http://twitter.com/cafe_ohana
 facebook:https://www.facebook.com/fromEarthCafe.OHANA




 

サティシュ・クマール Satish Kumar

サティシュ・クマールは1936 年、
インド、ラジャスタン地方の村で
ジャイナ教信徒の両親のもとに生まれた。
父の死を契機に、死がもたらす悲しみを超える道を模索し始めたサティシュは、
9 歳にして出家、ジャイナ教の僧侶となる。
18 歳の時、マハトマ・ガンディーの社会的非暴力思想に魂を揺さぶられ、
還俗を決意。
その後、ヴィノーバ・バーヴェ師のもとで社会変革運動に携わった。
1961 年、90 歳の哲学者バートランド・ラッセルが、
核廃絶を求める座り込みで逮捕されたというニュースに触発され、
サティシュは友人とともに、当時4 つあった
核保有国(ソ連、フランス、イギリス、アメリカ)の首都へ、
平和のメッセージを届ける平和巡礼に旅立つ。
2 年半かけて、1 万4 千キロの道を一銭ももたずに歩き通した。


その後、サティシュは『スモール・イズ・ビューティフル』で知られる
経済学者、E.F. シューマッハーと出会い意気投合。
1973 年、シューマッハーに請われて、
『リサージェンス』誌の編集主幹となる。
以来、『リサージェンス』はエコロジー思想の知的拠点として、
また環境と平和、科学とスピリチュアリティをめぐる
世界的な議論の場であり続けている。
1982 年、自宅のあるイギリス南西部デヴォン州に
「スモール・スクール」という中学校を創設し、
自然からの学び、日常生活の重視などを特徴とする
先駆的なカリキュラムで注目を集めた。
1991 年には、「シューマッハー・カレッジ」を創設。
パラダイムの転換を模索する人々が世界中から集い、
学び合う場となっている。


邦訳著書に、『君あり、故に我あり―依存の宣言』(講談社)、
『もう殺さない―ブッダとテロリスト』(バジリコ)、
『スピリチュアル・コンパス 宇宙に融けこむエコ・ハートフルな生き方』(徳間書店)、
『つながりを取りもどす時代へ――持続可能な社会をめざす環境思想 リサージェンス誌選集』(共著、大月書店)、
『GNH ―本当の< 豊かさ> へ、10 人の提案』(共著、大月書店)、
『サティシュ・クマールのゆっくり問答 with 辻信一』(SOKEIパブリッシング)などがある。



辻 信一 − Keibo Oiwa
文化人類学者、明治学院大学国際学部教員。
自己と社会の
ホリスティックな変革を目指す活動家。
「ナマケモノ倶楽
部」世話人、「ゆっくり小学校」校長。
本作を含む“アジ
アの叡智”DVDシリーズでは制作と聞き手を務める。

スローシネマ・ムーブメント
http://slowcinema.net/welcome/

 
JUGEMテーマ:環境問題
JUGEMテーマ:映画
JUGEMテーマ:瞑想
JUGEMテーマ:世界の先住民族、その文化、智恵
| fromearth1 | 映画/DVD/上映会 | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.from-earth.net/trackback/874216
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

bolg index このページの先頭へ