blog index

ふろむあーす & カフェオハナ 地球日記

フェアトレード&エコロジー&オーガニック+ミュージック・ショップ、地球雑貨 ふろむ・あーすと、
オーガニック & コミュニティ・カフェ + ナチュラル・キッチン&バー、ふろむあーすカフェ・オハナの
ブログ(日記・お知らせ等)です。
(カフェオハナ:東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6-1F)
ほぼ毎日の更新です。よろしくお願いします。
(コメント、トラックバックは承認制となっています。)
ふろむあーす、カフェオハナ、それぞれの情報は、それぞれのHPをご参照お願いいたします。
http://www.cafe-ohana.com/
それぞれTwitter、Facebookもやっていますので、
そちらも どうぞよろしくお願いします。
今って、国会開会中なんですよね。 なのに・・・。
最近のニュースは、
次期自民党総裁(首相)選びの話題一色ですね。

ご存じの通り、安部首相のびっくり無責任の降板。
安部もひどい、その続投を許してきた自民・公明党もひどい。
つっこみどころ、満載なのですが、
一番、驚き&憤り なのが、
現在も国会開会中だということ。

そう、税金をふんだんにつかっている最中です。
なのに、国会がなかったかのように、
国会、政府の役務をそっちのけで、
普通に次期総裁選をやっていること。

さらに、それを連日報じるマスコミ。

なんで、こんな無責任な政府が許されるのか。
マスコミも、そこを言わないのか。責めないのか。
なんとも、不思議です。

もちろん、後釜は、決めなければいけないでしょう。
でも、それは、それとして、
自民党内で粛々と処理をして、
政府・国会は、首相代理をおいて、
すすめるべきです。
やること山積みなんですから。

国会とは、国権の最高機関 でないのですか。
なんで、こんな ないがいしろ?
ほんと、お願いします。
議員の方、マスコミの方。
もちろん、私たちも ですね。
| fromearth1 | 時事、ニュース関連 | 01:29 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
「地球防衛家の人々」と 月刊誌「New Internationalist」
朝日新聞の夕刊の4コマ漫画(しりあがり寿)、大好きです。
9月11日(火) を見て、驚きました。
そして、是非書かなければと思いました。

4コマ、こんな内容。
以下に。

父「ダルフールって知ってる?」
息子「アニメのヒーロー?」

父「ダルフールって知ってる?」
娘「アイドルグループでしょ?」

父「ダルフールって知ってる?」
母「今はやりのスポーツ?」

<場面:行きつけのスナック>
父「俺もどっかのスナックだと思ってたんだ」
マスター「・・・・・・」


ふろむ・あーすでも扱う月刊誌「New Internationalist」(NI)は、
イギリス発の雑誌です。
毎回、一つのテーマに絞っていて、その特集はとても読み応えがあります。
フェアトレードや、環境のことが、思わぬ視点で書かれていて、
「勉強になるわー。関係者は皆、読めばいいのに。」
と、常々思っています。

この雑誌「NI」は、かつて
「ダルフールを見捨てるな」という
特集を組んでいるんですよね。



読んだときは、それまで ちゃんと知らなかった自分を恥じました。
日本のジャーナリズムが何も伝えないからと言って、
知らない自分を正当化出来るわけではないですよね。

NIは
「この世界は 私たち一人ひとりの行動によって よりよく変えて行けるはず」
という信念のもと、発行されています。

以下に バックナンバーを記するので、
(長くならないように私なりにピックアップしました)
興味があれば是非買って読んでください。

No.402「パーマカルチャーを探し求めて」
No.401「ダルフールを見捨てるな」
No.399「私たちのコットンができる現場から」
No.398「マスメディアが報道しないイラン」
No.397「世界の海は今」
No.395「倫理的な消費は地球を救う
    〜フェアトレード:グリーンコンシューマー・CRSの光と影」
No.395【日本発のリポート「日本に倫理的消費者運動は芽生えるのか」
    by 北澤 肯(フェアトレード・リソースセンター)】
No.392「銀行というマネービジネスの王様」
No.391「二酸化炭素の削減〜向き合えない本当の理由」
No.390「ベネズエラで進む革命とは」
No.388「公正な貿易とは何か」
No.387「社会と政治に対する漫画の影響力」
No.386「スラムで生きる人々とその将来」

英語版に日本語訳付きの1000円なのですが、
日本語版のみでも、購入できるできるようになりました!

<日本語版> 
A5  モノクロ 40ページ  600円
| etsuko | 時事、ニュース関連 | 01:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ビデオ鑑賞 & 茶話会のおさそい
今月のビデオ鑑賞&茶話会、
「ジャマイカ 楽園の真実」です。

9月25日(火)10:15〜13:00
参加費 500円 ( お茶、お茶菓子付き)

気になっていたのに、見逃してしまった方、何度でも、見たい方。
ジャマイカに反応した方。お待ちしています。

カリブの楽園として世界中から観光客が訪れる国、
ジャマイカの真実の姿を赤裸々に映し出したドキュメンタリー。

イギリスからの独立後、経済支援の名の下に
IMF(国際通貨基金)と世界銀行から多額の融資を受けた
ジャマイカが陥った新たな苦境を、
グローバリズムの進む世界経済の中で
第三世界が抱える共通の問題として捉えていく。

美しい海と陽気な国民性、
そしてレゲエ音楽発祥の地としても
世界中の多くの人々が
“楽園”をイメージするカリブ海に浮かぶ国、ジャマイカ。

しかし、1962年にイギリスの植民地支配から独立したこの国は、
現在、IMF(国際通貨基金)と世界銀行に対して多額の負債を抱え、
経済的には自立とは呼べない、先進国の属国状態に陥っていた。

本作は、こうしたジャマイカの影の部分を照らし出し、
それを生み出す世界経済の仕組みを暴き出していく。(allcinema HPより)

私は、スタッフのテルちゃんに勧められて、去年ビデオで見ました。
その時非常に「憤慨した」ことを記憶しています。
細かい事を忘れてしまったので、
「憤慨」を国語辞典(岩波)で調べてみました。

ふんがい【憤慨】
ひどく腹をたてること。けしからん事に対して、いきどおりなげくこと。

確かに、こんな気持ちになったような気がします。

ビデオを見た後の、フリートークが楽しみです。
当日は、お店で扱っている、オーガニックのお茶とクッキーなどを、
用意しています。
お気軽にお出かけください。

お手数ですが、ご予約よろしくお願いします。
ご予約は、下記まで。
http://milk.candybox.to/from-earth/postmail/postmail.php
| etsuko | 時事、ニュース関連 | 02:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
被爆国、そして、地震の国に、これだけ原発がある謎
日付がかわって、8/9は、長崎に原爆が投下されて62年、
先日、8/6は、広島に原爆が投下されてから、62年を迎えました。

8/6の広島の平和記念式典にて、
秋葉忠利市長は、平和宣言で
「人類は今なお滅亡の危機に瀕(ひん)している」
と述べ、
核保有大国の核軍縮が滞り、核拡散もやまない状況を批判。

久間章生・前防衛相が、
原爆投下を「しょうがない」と発言したことなどを受け、
政府に被爆の実相を直視するよう迫り、
さらに憲法をあるがままに順守するよう強く求めました。

今年の平和宣言の全文は、下記をご参照ください。
お時間あれば、是非、見てみてください。

広島平和宣言
http://www.city.hiroshima.jp/www/contents/0000000000000/1110537278566/index.html


長崎の平和宣言
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/abm/heiwasengen/sengen_j.htm

広島の死没者総数は25万を超え、さらに、ほぼ同数の被爆者。

大量虐殺という言葉もあてはまらない程、
一般市民の無差別巨大殺戮。
と、確信的な兵器及び人体実験。

絶対に許せるはずもないものですが、
「しょうがない」というのは、
ほんと、びっくり驚きの政府です。
なさけない。


しかし、
この被爆国に、
なんで、こんなに たくさん(55基!)もの 原発があるんでしょうかね。

さらには、世界一の地震国!

地震国であるばかりでなく被爆国でもある日本に、
なぜ、いかにして「原子力の平和利用」が入ってきたのかは、
実は、現代史の闇の一つなのだそうです。

ちょっと、冷静に考えると、
こんな地震国で、核アレルギーの国に、
原発って、ありえないですよね。

よほど、周到に根回しして、すごいお金が動き、
メディアも動き、うまく、ごまかして、
原発をつくったんでしょうね。

少し調べてみると、
なんと、戦後わずか10年後の1955年に、
「原子力平和利用博覧会」なるものが
開催されていたりします。

これは、
アメリカの関与、日本テレビ・読売グループ(正力松太郎)の
画策にて巧妙に開催されたもののようですが、
さらなる、裏もあるんでしょうね。

また、機会をみて、
調べてみたいと思います。

私個人の見解としては、
原子力の平和利用というのは、ありえないと思っています。
そんなものは、人間の傲慢以外の何者でもないですね。

まず最初の段階で、
ウランをいったいどうやって掘ってるのか。
どれだけ、先住民の聖地をつぶし、
人間を犠牲にしてるのか。
そこからして、ありえないですね。
| fromearth1 | 時事、ニュース関連 | 01:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
動けけば 変わる! 参議院選挙の結果は、自民・公明党連合を否定!
昨日の夕方、フジロックフェス(苗場)から、戻ってきました。

数日、留守にすると、軽い浦島太郎状態で、
昨日は、数日分の新聞を読みふけりました。

フジロックの報告や、
その他、気になるニュースについて、
また、後日、書きたいと思います。

まずは、日曜の参議院選挙の結果!

自民党が歴史的大敗。
公明党も惨敗。

自民・公明党のあまりにも強行採決を繰り返す、
数のごり押しの横暴な国会運営が
あきらかに、否定された結果だと思います。

そして、東京選挙区では、
川田龍平くんが、当選いたしました。

自民・公明の逆風があったとはいえ、
無所属で、草の根支援での当選は、
「動けけば 変わる」という象徴、
明るい未来を提示してくれたものだと思います。

当選、ほんとうに、おめでとうございます!

あと、期日前投票が、過去最高を記録。
前回のなんと、1.5倍の1000万人の大台。
有権者総数の1割は、なかなかすごい数字ですね。
期日前投票、着実に、根付いてきましたね。

もっともっと、得票率もあがっていくといいですね。
とにかく、選挙には行きましょうね。
| fromearth1 | 時事、ニュース関連 | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
参議院選挙情報 (今週は投票日!)
今日は、参議院選挙のことを少し書きたいのですが、
その前に、連日報じられている、柏崎刈羽原発のことを、少し。

「IAEA」って、ご存じですか?
最近では、北朝鮮やイランの核施設の調査等の話題で、
よくニュースに名前がでています。

国際原子力機関という、
原子力平和利用を目的とした国際機構ですが、
主に、核物質の兵器転用を監視するところです。

実は、日本は、IAEAの重要監視国となってるようです。
びっくりするでしょう。

で、トラブル続きの東京電力 柏崎刈羽原発に、
国際原子力機関(IAEA)が調査に入りたいと。

でも、政府は、調査団の受け入れを断っていました。
が、この事が、公になったからか、
受け入れることを正式に文書で伝えたようです。

IAEAが調査に入るということは、
日本の現在の報告を信用していないし、
信頼してないということ。

実は、2005年に、IAEAの評価チームから、
防火対策の不備を指摘を受けてたそうなのです。
その後、対策しましたと、書類をだしたのですが、
おざなりだったということです。
信頼されないですよね。


さて、選挙。

7/29(日) は、参議院選挙、投票日です。
(* 期日前投票は、前日7/28まで受付中!)

各選挙区の候補者や比例代表の情報等、
ネットでも、いろいろ情報収集できると思いますが、
参考までに、ひとつ、あげると、
MSN毎日インタラクティブ
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/senkyo/07saninsen/

候補者、各政党の情報等、ご参考ください。

また、この中の
「毎日ボートマッチ(えらぼーと)」というコーナー、
なかなかおもしろいです。

立候補予定者を対象に行ったアンケートと
まったく同じ設問21問に答えていくと、
候補者の回答を基に算出した各政党の平均値が比較され、
主要政党とあなたの考えがどれだけ近いかを
「一致度」という数値で示すものです。
また、候補者個人の全回答を見ることもできます。
時間があったら、参考までにやってみては。

今回の参議院選挙、
東京からは、川田龍平くんが立候補しているのですが、
これまでにない位 多くの、いろんな方や団体から、
ぜひ、よろしくお願いします!
と、ご連絡頂きました。

多くの市民団体、草の根の団体、個人が応援の中、
激戦の東京選挙区を大接戦しているようです。
川田龍平を応援する会
http://www.ryuheikawada.jp/

比例では、
9条ネット(http://9jo-net.org/
ご存じですか?

ふろむ・あーすではお馴染みの
「ゆずみつジュース」や「おからクッキー」の
徳島県木頭村の元村長の藤田 恵さんや、

元駐レバノン特命全権大使で、
「米国のイラク攻撃は間違いであり、
 日本はそれを許してはならない」と意見具申し、
勇退を迫られ、退職した、天木 直人さん等、

馴染みのある信頼できる人が、立候補しています。


期日前投票も、とっても、おすすめです。
当日の都合のつかない方は、ぜひ、不在者投票(期日前投票)を!
あとまわしにしてると、行きそびれるので、お早めに。

私自身、不在者投票をすること、とっても多いのですが、
とっても、簡単だし、
投票場所も、多いし、こちらで、選べて、便利。

前日の7/28 まで、
時間も、選挙区によって違うところあるかもしれませんが、
東京だと、午前8時30分から午後8時までと、
なんとか、都合がつけられそうな時間帯です。

選挙、
是非、行きましょう! 
| fromearth1 | 時事、ニュース関連 | 01:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
世界で一番安全で安心な原子力立国を構築するって、こういうこと?
本日、7/22(日) は、
アースデイマーケット@代々木公園 並木道に出店しています。
よかったら、お立ち寄りください。


先日、ご紹介した、「きっこのブログ」、
ご存じの方、多いかなと思ったのですが、
意外と、反響大きかったです。
マスコミで報道されない(できない) 情報が入手できます。
ぜひぜひ、見てみてください。
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/

別の話題、もしくは、お休みしたかったのですが、
日本の原発のお粗末さ、
あまりにもびっくりで、書かずにいられなかったので、今日も。

新潟県中越沖地震で起きた東京電力 柏崎刈羽原発の火災、

その日、地震のニュースの中で報道される火災の映像を見ながら、
「なんで、いつまでたっても、消火する人が現れないんだろう?
 施設の人は何をやってんだろう?」
と、疑問に思っていたのですが、
実は、消防車をずっと待っていたのだそう。

こんな非常時に、消防車って、いったい、いつ来るかわかってるんだろうか?
しかも、消防署へのホットラインも震災でつかえなかったそうです。
さらには、施設内の消防設備も使い方もわからず・・・。

また、地元消防署によると、
施設内で、消火にあたることになってるはずだけど、
「いったいどうなってるんだ!」
と、あきれ気味。

で、こうした事実を受け、
監督庁の経済産業省が全国の原発を調査したところ、
どこも、あまりにも、お粗末な防災体制だったことが露呈しました。
びっくりするほどのお粗末さ。

「世界で一番安全で安心な原子力立国を構築する」と、
政府は言っていますが、
これの、いったいどこが、安全で、安心なのか、
おしえてください、甘利経産相。


また、別の記事ですが、
東京電力の勝俣社長が、
原発に理解をもとめるため、
「これからは、化石燃料の確保に相当苦労する。
 エネルギー問題は1年、2年ではなく、
 10年20年の問題として考えるべきだ。」
と、コメントしていました。

がんばってみて、しょせん10年20年先しか見てないんですよね。
50年後、100年後のことは、まったく考えてないんでしょう。

このまま原発頼みが続くとは思えない、考えたくもありませんが、
仮にそのまま原発を稼働すると、燃料のウランは、
100年後にはありませんよ。
石油よりは、ちょっと先延ばしにできる燃料なだけです。
再利用? 無理です!!!
再利用するなら、天ぷら油を再利用しましょうよ。

100年、200年のスパンで、国を設計してほしいものです。
そうすると、そのためのエネルギー政策、
自ずと見えてくると思うのですが。
| fromearth1 | 時事、ニュース関連 | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
原発事故って大変なことですよ!
先日、柏崎刈羽原発の大気中の放射能漏れのことを書きましたが、
新聞等で報じられませんでしたが、
直後、専門的な方からは、こういう話が。

「ヨウ素133が洩れたということは
 大切な情報が隠蔽されている可能性があります。

 ヨウ素133が含まれるということは、燃料破損を意味します。

 よく知られるヨウ素131の半減期は8日ありますが、
 ヨウ素133はわずか21時間です。

 したがって半減期の10倍の時間が経過すれば1024分の1に減衰するので、
 検出はふつうは出来ません。
 しかしこれが有意に検出されたということは、
 生成されて(放出されてではありません)わずかな時間しか経過していないことを
 意味します。

 もう一つの考え方は、
 定格出力運転時には燃料被覆管の内外差圧がほとんどなかったのに、
 地震により何かが起きて原子炉が急減圧し、
 燃料内部に溜まっていたヨウ素がピンホールを通じて吸い出されたということも
 あるかもしれません。

 この場合、いわゆる燃料破損という定義とはやや異なりますが、
 それでも漏えいは漏えいですし、
 それ以外に急減圧を起こした原因は何かが問題になります。

 地震で燃料破損が起きたとすれば、
 余震が続いている以上その規模は大きくなる恐れが高くなります。」


ちょっと、難しい話しですが、
報道以上に、危険な状態が、わかると思います。
そして、今もなお、危ない。


もう一つ、ご紹介。

私自身、最近あまりみていなかったのですが、
一時期、「きっこの正体は誰だ?」とよく見ていた、
あの「きっこのブログ」。

これだけの原発震災を大きく報じない日本のマスコミへの政治圧力を示唆、
海外では大きく報道されている事実を紹介しています。

さすが、膨大な情報量とニュースソースをもとに、
すぱっと、きっています。
きっこのブログ:原発事故は人災です
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/07/post_f855.html
| fromearth1 | 時事、ニュース関連 | 02:56 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
スピードが肝心! 新潟県中越沖地震支援(「カセットコンロ&ボンベ」「粉ミルク」「義援金」)を!
新潟県中越沖地震の救済・支援 協力の連絡がありましたので、
お知らせします。

被災地のとっても厳しい状況、
どうしても、お茶の間だと、リアルに伝わりません。

想像を上回るおそろしくハードな現実がそこにはあります。
震災救援は、スピードが命です。
義援金や救援をお考えの方、
草の根の支援、有効・有益な支援に、急ぎ、是非。

下記に、メッセージを転載した山田バウさんは、
超人的、伝説的なボランティア活動を全国津々浦々で繰り広げておられる方で、
阪神大震災では、いちはやくボランティア団体・神戸元気村を立ち上げ、
初期混乱期の3ヶ月だけでも、60を越えるプロジェクトを成功させた方です。

また、今回直接ボランティアにあたられる長岡の若井由佳子さんは、
私たちと志を同じくするフェアトレード・ショップを営んでおられる方です。

(以下、転載です。)

●山田バウさんからのメッセージ

新潟県中越沖地震・救済にご協力下さいますようお願いします。
長岡の若井由佳子さんと三条の加藤寛明さんからメールが届きましたので
転載させて頂きます。
長岡の若井さんは、長岡駅の近くでフェアトレードショップ
「ら・なぷぅ」をやっておられます。
http://www16.plala.or.jp/la-napu/

若井さんは、3年前の中越地震のときも、
地方から来る救援の人たちと地元の人たちとの橋渡し役をやって来られました。

今回、長岡市内にお借り出来た倉庫は、
3年前の中越地震で被災されて、
昨日(7月16日)まで仮説住宅に住まわれていた長谷川さんという方の好意で、
無料でお借りできたらしいです。
3年間仮設住宅に住んで来られた長谷川さんに感謝です。

三条の加藤さんは、やはり3年前の新潟豪雨の時に、
全国から自分の家の中の不要な物を送って下さいとメールで配信して、
集めた品物をフリーマーケット(無料)形式で【楽市楽座】を主催した人で、
今回のチームGOGOの新潟のまとめ役にもなっていた人です。

この二人が今回は協力しあって、被災地周辺に入って行きます。
どうかご協力をお願いいたします。(バウ)

●若井由佳子さんより

中越沖地震の被災地の柏崎市に
「カセットコンロ&ボンベ」「粉ミルク」「義援金」を届けたいと思います。

そこで、皆様に ご支援やご協力をお願いしたいと思います。
中越沖地震の被害が明らかになり、
これから 数日間降り続くという天気予報も気がかりです。
そんな中、現地では、本日 柏崎市のボランティアセンターが立ち上がり 
ボランティアの募集が始まりました。

バウさんたちの神戸での経験や中越地震の経験から、現時点(初動)では
「カセットコンロ & ボンベ」  「粉ミルク」  「義援金」
の4点に絞って 支援活動をスタートさせます。

「カセットコンロ&ボンベ」については 特にスピーディさが要求され、
今後3週間程度の短いプロジェクトになります。

【粉ミルク」と「義援金」については、
情況を見て・・としか現段階では、お伝えできません。

「義援金」でカセットコンロ&ボンベ、粉ミルクをこちらで購入して 
届ける方法もあります。

「義援金」の収支報告は、このML上でご報告させていただきます。

■ 義援金の送り先   
【郵便振替】 00570−5−92615 
【口座名称】 若井 由佳子

■ カセットコンロ&ボンベ 粉ミルクの送り先
〒940-0061 新潟県長岡市城内町3-7-13 三景ビル 若井 あて
時間指定(可能な限り):午前9時から11時まで
運送会社(可能な限り):ヤマト運輸で
| fromearth1 | 時事、ニュース関連 | 02:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
柏崎刈羽原発、放射性物質は大気中にも! だめさ加減露呈!
大型台風に続き、新潟県中越沖地震。
被害にあわれた方々、地域の方々、心からお見舞い申し上げます。

被害の大きかった中越地震からまだ3年とたっていません。
また、能登半島地震が、3月末にあったばかり。

能登半島地震の際は、志賀原発が、とても近く、
使用済み核燃料貯蔵プールから、放射性物質を含む水が
原子炉建屋内の床に飛散等、肝を冷やす事があったばかり。

このときの揺れは、耐震設計上の想定の2倍近くだったそうで、
耐震設計の甘さがうきぼりになりました。

今回の地震は、柏崎刈羽原発に、ほど近く、
しかも、様々な事故が時間がたつにつれ、少しずつあかるみになっています。

地震直後は、「問題ありません」と、発表していましたが、
1日経った現段階では、
なんと、50件ものトラブルが全7基で確認されたと発表。

しかも、大気中から、放射性のヨウ素、クロム、コバルトが検出。

地震直後に肝を冷やした3号機の変圧器火災や、
使用済み燃料プールの水がこぼれ、海に流出、
さらには、固体廃棄物貯蔵庫のドラム缶約100本以上が転倒、
数本はふたが開いていたそうです。

廃棄物ドラム缶は全部で2万2000本あるが、
そのうちの相当数の状況が未確認で、今後、転倒数は増える可能性があります。

ほかにも、排気ダクトのずれやボルトの折損、配管の損傷等々、
事故は多岐にわたります。

様々な問題点が浮かび上がりましたが、
なんといっても、連絡の遅れは、ひどいし、許せません。

「問題ありません」という発表を信じて、近くを通った人がいっぱいいます。
原発事故によるさらなる災害を生んでしまうほんと悪い例です。
 
地震が起こった場所は「新潟―神戸ひずみ集中帯」とも呼ばれ、
阪神大震災をはじめとする地震が、相次いで起こっているエリアだそうです。

なんで、そんなところに原発をつくるんだろう?
しかも、耐震設計もとっても甘い。

震源付近の活断層を過小評価する等、地震を希望観測的に見ていて、
さらに、耐震設計がとても甘く、まったくだめ、
施設では、消火施設も十分機能しない、
コンピューター、サーバーもダウン、
人もだめ(チェックできない、連絡できない、しない・・・)、
一つとして、安心できるところがないのでは。

こんなんで、原発稼働して、大丈夫なんでしょうか。
原発をコントロールするには、
人、施設、すべてにおいて、限界のように思います。

政府が原発につぎ込む莫大なお金(税金・電気代含む)を
自然エネルギー等につぎこんでいけば、
絶対に転換できるんです。
実際、ドイツ等がそうしています。

脱原発しましょう!
| fromearth1 | 時事、ニュース関連 | 01:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

bolg index このページの先頭へ