blog index

ふろむあーす & カフェオハナ 地球日記

フェアトレード&エコロジー&オーガニック+ミュージック・ショップ、地球雑貨 ふろむ・あーすと、
オーガニック & コミュニティ・カフェ + ナチュラル・キッチン&バー、ふろむあーすカフェ・オハナの
ブログ(日記・お知らせ等)です。
(カフェオハナ:東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6-1F)
ほぼ毎日の更新です。よろしくお願いします。
(コメント、トラックバックは承認制となっています。)
ふろむあーす、カフェオハナ、それぞれの情報は、それぞれのHPをご参照お願いいたします。
http://www.cafe-ohana.com/
それぞれTwitter、Facebookもやっていますので、
そちらも どうぞよろしくお願いします。
9/10(金) 〜15(日) 黒田光治「バーン・トー・ファン 写真展 〜タイの子どもたち〜」
カフェ・オハナでは、現在、
黒田光治さんの「バーン・トー・ファンの写真展 〜タイの子どもたち〜」
開催中です!



ふろむ・あーすにて、取り扱っている
タイの手織りの綿や竹布等の草木染めの素敵な
衣類や帽子、ふんどし、小物のフェアトレード製品を
届けてくれる「陽ののぼる家、バン・トー・ファン」。



その「バン・トー・ファン」で暮らす
子どもたちの素顔をご紹介します。





写真のほかに、
バン・トー・ファンの衣類、ヘアーバンド、シュシュ等の小物の
特別販売も行っております。
どうぞお立ち寄りください。


● 9/10(金) 〜15(日) バーン・トー・ファン 写真展
 黒田光治 写真展 「タイの子どもたち」
 @ ふろむあーすカフェ・オハナ(三軒茶屋)
 (* 通常営業内での開催です。)

〜 オーガニック&コミュニティ・カフェ + ナチュラル・キッチン&バー 〜
 from Earth Cafe "OHANA" (ふろむあーすカフェ・オハナ)

 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6(駅徒歩2分, 246通り沿い1F)
 Tel/Fax (03) 5433-8787
 http://www.cafe-ohana.com/  


* 9/24には、永福町の本應寺にて座談会もあり、そちらにも参加いたします。

● バーン・トー・ファン 座談会
 日時:9/24(金) 19:30〜21:00
 会場:本應寺 (杉並区永福1-7-2、京王線「下高井戸」駅より徒歩5分)
 座談会参加者:
  ぐらするーつ 鈴木 隆二「日本におけるフェアトレードの動向」
  ふろむあーす 藤田 康祐樹「日本のフェアートレード・マーケット」
  国際高等学院 「何故、高校生でフェアートレードに取り組むのか」
  本應寺 佐々木品愚上人 「“バーン・トー・ファン”の子どもたちの祈り」
  フリーキッズ 宇津孝子 「“バーン・トー・ファン”に学ぶ子どもたちの自立支援」
  高校生の有志数名
 参加費:500円 (酵素玄米おむすび付き)


【バーン・トー・ファン】
 バーン・トー・ファン(夢を織る家)は、タイのサンクラブリにある、
 ナートさん、ユパさんご夫婦による孤児たちの家です。

 この集落に住む家族の多くは難民であったり、
 貧困であるため身分証明書(ID)を持っていません。
 IDがないと、公共のサービスが受けられず、家を借りたり、
 仕事に就くことすら困難です。

 バーン・トー・ファンでは、孤児、ストリートチルドレン、
 虐待を受けたり難病にも関わらず貧しいために親の加護を受けられないなど、
 さまざまな問題で傷ついた子ども達を受け入れ
 現在15人位の子どもを家族として育て、彼らの成長の職場作りを行っています。

 また近隣の37家族に手織り、草木染め、足踏みミシン縫いの技術指導を行い、
 出来上がった作品を買い取り、生活の支援をしています。


【フリーキッズ・ヴィレッジの活動】
 次世代の子どもたちに“生きる力”と“生命力ある田畑”を伝えるために…

 ●山村留学・フリースクール(寄宿生活塾)の運営
 ・不登校やひきこもりの子どもたちの受け入れ

 ●子ども・若者の自立支援
  ・ひまなし屋運営(加工食品の開発・販売)、草木・藍染め、有機野菜作り

 ●オープンプログラムの企画・運営
 ・里山体験イベント
 ・子ども向けプログラム
 (インターナショナル・エコ・キャンプ、御蔵島環境教育プログラム)
 ・ファームステイ
 ・農家民宿
 ・国際交流(タイの孤児院訪問ワークキャンプ)

 ●持続可能な循環型農業の実践
 ・次世代に伝えられる「不耕起・無肥料」の生命力ある田畑づくり
 ・大型機械や化石燃料に頼らない、手作業・手仕事の実践
 ・在来種・自家採種の保存・おじいちゃん・おばあちゃんから「生きる知恵」の継承

 ●安全な農産物の普及
 ・レストランへの野菜・お米の提供、直売所販売お米の宅配

 ●地域再生
 ・伝統文化獅子舞の継承
 ・高齢家庭の支援

 ●フェアトレード
 ・タイの孤児たちの家「バーン・トー・ファン」の自立支援

 住所:長野県伊那市高遠町山室3009
 http://www.freekids.jp/index.html
| fromearth1 | 個展/写真展/アート | 02:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
9/10(金) 〜15(日) バーン・トー・ファン 写真展
OHANA新聞9月号では、
お知らせが間に合わなかったのですが、
9/10(金) 〜15(日)にて、
バーン・トー・ファンの写真展、
黒田光治 写真展「タイの子どもたち」
開催です!

ふろむ・あーすにて、取り扱っている
タイの手織りの綿や竹布等の草木染めの素敵な
衣類や帽子、ふんどし、小物のフェアトレード製品を
届けてくれる「陽ののぼる家、バン・トー・ファン」。

その「バン・トー・ファン」で暮らす
子どもたちの素顔をご紹介します。

写真のほかに、
バン・トー・ファンの服と小物の特別販売も行っております。
どうぞお立ち寄りください。


● 9/10(金) 〜15(日) バーン・トー・ファン 写真展
 黒田光治 写真展 「タイの子どもたち」
 @ ふろむあーすカフェ・オハナ(三軒茶屋)
 (* 通常営業内での開催です。)

〜 オーガニック&コミュニティ・カフェ + ナチュラル・キッチン&バー 〜
 from Earth Cafe "OHANA" (ふろむあーすカフェ・オハナ)

 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6(駅徒歩2分, 246通り沿い1F)
 Tel/Fax (03) 5433-8787
 http://www.cafe-ohana.com/  


* 9/24には、永福町の本應寺にて座談会もあり、そちらにも参加いたします。

● バーン・トー・ファン 座談会
 日時:9/24(金) 19:30〜21:00
 会場:本應寺 (杉並区永福1-7-2、京王線「下高井戸」駅より徒歩5分)
 座談会参加者:
  ぐらするーつ 鈴木 隆二「日本におけるフェアトレードの動向」
  ふろむあーす 藤田 康祐樹「日本のフェアートレード・マーケット」
  国際高等学院 「何故、高校生でフェアートレードに取り組むのか」
  本應寺 佐々木品愚上人 「“バーン・トー・ファン”の子どもたちの祈り」
  フリーキッズ 宇津孝子 「“バーン・トー・ファン”に学ぶ子どもたちの自立支援」
  高校生の有志数名
 参加費:500円 (酵素玄米おむすび付き)


【バーン・トー・ファン】
 バーン・トー・ファン(夢を織る家)は、タイのサンクラブリにある、
 ナートさん、ユパさんご夫婦による孤児たちの家です。

 この集落に住む家族の多くは難民であったり、
 貧困であるため身分証明書(ID)を持っていません。
 IDがないと、公共のサービスが受けられず、家を借りたり、
 仕事に就くことすら困難です。

 バーン・トー・ファンでは、孤児、ストリートチルドレン、
 虐待を受けたり難病にも関わらず貧しいために親の加護を受けられないなど、
 さまざまな問題で傷ついた子ども達を受け入れ
 現在15人位の子どもを家族として育て、彼らの成長の職場作りを行っています。

 また近隣の37家族に手織り、草木染め、足踏みミシン縫いの技術指導を行い、
 出来上がった作品を買い取り、生活の支援をしています。


【フリーキッズ・ヴィレッジの活動】
 次世代の子どもたちに“生きる力”と“生命力ある田畑”を伝えるために…

 ●山村留学・フリースクール(寄宿生活塾)の運営
 ・不登校やひきこもりの子どもたちの受け入れ

 ●子ども・若者の自立支援
  ・ひまなし屋運営(加工食品の開発・販売)、草木・藍染め、有機野菜作り

 ●オープンプログラムの企画・運営
 ・里山体験イベント
 ・子ども向けプログラム
 (インターナショナル・エコ・キャンプ、御蔵島環境教育プログラム)
 ・ファームステイ
 ・農家民宿
 ・国際交流(タイの孤児院訪問ワークキャンプ)

 ●持続可能な循環型農業の実践
 ・次世代に伝えられる「不耕起・無肥料」の生命力ある田畑づくり
 ・大型機械や化石燃料に頼らない、手作業・手仕事の実践
 ・在来種・自家採種の保存・おじいちゃん・おばあちゃんから「生きる知恵」の継承

 ●安全な農産物の普及
 ・レストランへの野菜・お米の提供、直売所販売お米の宅配

 ●地域再生
 ・伝統文化獅子舞の継承
 ・高齢家庭の支援

 ●フェアトレード
 ・タイの孤児たちの家「バーン・トー・ファン」の自立支援

 住所:長野県伊那市高遠町山室3009
 http://www.freekids.jp/index.html
| fromearth1 | 個展/写真展/アート | 02:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
8/6(金)〜29(日) 屋久島 『イノチウルオウ』 瑳山ゆり 写真展
8月に「屋久島」の写真展をやりたかったんです。

この暑い夏に、
水の島「屋久島」の深い緑の清涼感、
そして、そこからでる大量のアルファ波の癒しを
感じていただき、
お店に訪れるみなさまに、
ほっとして、エネルギー補給していただければと思います。



しかも、写真は、瑳山ゆりさんの写真なので、
申し分ありません。

瑳山さんの写真、ほんと、素敵です。
この屋久島の写真の数々も、さすが! 
です。







* 8/6(金)〜29(日) 屋久島 『イノチウルオウ』 瑳山ゆり 写真展
 @ カフェ・オハナ(三軒茶屋)



 すっぽりと ' いのちの水 ' につつまれた屋久島。
 山、森、しずく、いきものたち、そして海。
 それは、私が私のなかの水に還る旅でした。
 暑い夏。 イノチをウルオしにいらしてください。
 (通常営業内での開催です。)



* 8/10, 18, 20, 28 と 関連イベントもございます!
 
    ↓

● 8/18(水) 幸+福 「イノチウルオウ」 昼下がりコンサート 
 14:30〜16:00頃    
 幸+福「くじらのうた」ライブ & 瑳山ゆりポエトリーリーディング 「イノチウルオウ」。
 昼下がり、屋久島の森の写真を見ながらゆったりとした唄の時間をお楽しみください。
 お子様もご一緒に、いかがですか?
 ノーチャージ(投げ銭制) * 要 オーダー  


● 8/20(金) 星川 淳さん お話し会
 「続・1万年の旅路 〜私たちはどこに向かっているのか〜 」
 20:00〜21:30頃    
 お話し:星川 淳
 星川さんの活動 (屋久島前・屋久島時代・屋久島後=今のグリーンピース時代)、
 今後の活動、特にその時々の思い等をきく事ができたらと思います。
 ノーチャージ(カンパ制) * 要 オーダー 


● 8/28(土) スワノセ第四世界上映 & 谷崎テトラLIVE 
       〜山尾三省に捧げる夜〜
 19:30 start   
 屋久島に暮らした 平和を願う詩人、山尾三省さんの命日のこの日、
 あなたの心にもっとも響いた氏の詩を持ち寄りませんか?
 なかなか見る機会のない伝説の映画「スワノセ第四世界」の上映、
 そして、参加者を中心に三省の詩の朗読コーナー、
 さらには、テトラさんのライブと豪華盛りだくさんの夜。
 ノーチャージ(投げ銭制)  * 要 オーダー 
| fromearth1 | 個展/写真展/アート | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
☆ 魔法の旅 miracle magical tour ☆
本日、7/4(日)から 18(日)まで、カフェ・オハナにて、
金子美保 ちゃんと 崔晶美(ちぇ ぢょんみ)ちゃんの作品展、
☆☆ 魔法の旅 miracle magical tour ☆☆
〜美保とぢょんみの絵で繋がる、命と地球の旅〜
が、開催されます。

● 7/ 4(日)〜18(日) ☆ 魔法の旅 miracle magical tour ☆
          〜美保とぢょんみの絵で繋がる、命と地球の旅〜

 出会いが本当に自分自身に学びを与えてくれたこと、
 色々なことを知るきっかけを作ってくれたこと
 表現することでそこから繋がり行く旅がはじまりました。
 魔法の旅が、地球や命に繋がる出会いになるように
 空間つくりをしたいと思います。
 魔法の旅の招待者:美保、ぢょんみ、仲間たち
 ナビゲーター:金子美保
 (通常営業内での開催です。)

期間中、7/4, 7, 18と、それぞれ、
オープニングパーティー、七夕キャンドルナイト、クロージングパーティーも
ございます。そちらもおすすめです!


● 7/4(日) ☆ 魔法の旅 オープニングパーティー ☆
 18:00 OPEN   19:00 出港〜22:00 漂着
 出演:幸+福(うたとギター)、圭帆(うたとギター)、
    櫛田寒平(ism)(うたとギター)、ふじいもん(詩)
    崔晶美(ちぇ ぢょんみ)(ライブペイント) 、美保(カリンバ)
 ノーチャージ(投げ銭制) * 要 オーダー     


● 7/ 7(水) ☆ 魔法の旅 〜きらめく七夕キャンドルナイト〜 ☆
 18:00 OPEN   19:00 出港〜22:00 漂着
 出演:つむぎ(うたとギター)、PIKALE☆(うたとギター)
    Takami*(きゃんどる日和)
 ノーチャージ(投げ銭制) * 要 オーダー     


● 7/18(日) ☆ 魔法の旅〜キャンドルナイト&クロージングパーティー〜☆☆
 18:00 OPEN   19:00 出港〜22:00 漂着
 出演:幸+福(うたとギター)& フラシスターズ
    Sage(カリンバ)
    Takami*(きゃんどる日和)
    美保(ライブペイント&カリンバ)
 ノーチャージ(投げ銭制) * 要 オーダー     
| fromearth1 | 個展/写真展/アート | 04:18 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
[AWA + Pacific Lim] 飯田裕子 写真展 開催中!(6/23まで)
カフェ・オハナでは、現在、
飯田裕子さんの写真展 [AWA + Pacific Lim] 、
開催中です。





飯田さんは、千葉・南房総在住の写真家。
 
鬼泪山のシンポジウムにも参加されるなど
旅をしながら安房に根付く飯田さん。
 
今回は安房と環太平洋の写真の展示です。
安房は主に南房総の鴨川を中心とした写真に、
環太平洋はフィジーを中心とした写真です。

安房の山は安房の海に繋がり 
その水は黒潮とともに太平洋へ。
 
海はひとつ。山と海もひとつ。
そこにあるすべて営みは繋がっています。
 
千葉・房総半島、環太平洋の写真から、
循環するこの惑星(ほし)に思いをめぐらせてみませんか?





● 6/11(金)〜23(水) [AWA + Pacific Lim] 飯田裕子 写真展
 @ ふろむあーすカフェ・オハナ(三軒茶屋)
 (通常営業内での開催です。お気軽にどうぞ。)

 * 6/18(金)には、関連イベンとして、
   Talk & Mini Live「安房 森の文明」開催です!



● 6/18(金) Talk & Mini Live 「安房 森の文明」
 19:30 start   
 @ ふろむあーすカフェ・オハナ(三軒茶屋)

 スライド&トーク:真魚長明(安房地人協会)
 LIVE:ラビラビ

 40年で12億トンの山砂と森を削った
 安房・南房総の山の話。
 千葉・安房のお話しは、そこだけの話しでなく、
 日本そして地球でおきてること。
 陰と陽、縄文のむかしのことと現在のことを知り、
 森と生きる新しい文明の提案。 
 そして懐かしい未来を考えませんか。

 ノーチャージ(投げ銭制)  
| fromearth1 | 個展/写真展/アート | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
4/16(金)〜30(金) 高尾山 写真展 〜いのち・やおよろずの森〜
カフェ・オハナでは、
現在、「高尾山 写真展 〜いのちやおよろずの森〜 」
開催中です。

アースデイ月間の4月、
カフェ・オハナの展示は、
前半の沖縄・辺野古の写真展、
後半の現在は、高尾の写真展です。



● 4/16(金)〜30(金) 「高尾山 写真展 〜いのち・やおよろずの森〜」
 @ カフェ・オハナ(三軒茶屋)
 (通常営業内での開催です。)
 * 会期中、4/24に坂田さんのトークもございます。



奇蹟と呼ばれる程、驚くほどの命がひしめきあう、高尾。
1321種の植物、5000種以上の昆虫、150種の野鳥、
数えきれない微生物たち、そして登山者数約300万人。
 
高尾山は、標高600mにも満たない小さくて低い山ですが、
命がひしめきあっています。
 
高尾山のおなかの中にはりめぐらされた地下水脈を
縦横無尽に流れる豊かな水が、すべての命をつないでいます。
 
いま高尾山は、高速道路のためのトンネル工事で、
血を噴出すように一日200トンもの水を流して苦しんでいます。
山は「やめて」と声も出せないし、逃げることもできません。

生きとし生けるものに敬意をはらい、山はカミサマだった
旧き時代の感覚は消えてしまったのではなく、
わたしたちの心の奥の方で眠っているだけ。
 
高尾山の小さな命たちを見ていただくことで、
そろそろ眠りから目を覚まして欲しいのです。
そして、山にかわって小さくてもいいから声を出して欲しいのです。








● 4/24(土) やおよろず地球まつり
     〜高尾山から「生物多様じぶん条約」を広める!〜
 19:30 start (@ カフェ・オハナ) 
 トーク:坂田昌子
 ライブ:Ailie(アイリ)
 今年、生物多様性条約をめぐり世界から約200ヶ国が名古屋に集まり、
 COP10が開催されます。
 そもそも生物多様性って何?COP10って何?
 いのちにぎわう高尾山が抱える問題を通して理解してみましょう。
 「じぶんだったらこんなことを地球と約束したい!」を
 COP10で伝える「生物多様性じぶん条約」も
 みんなで思いつくままワイワイ話しましょう。
 (共催:虔十の会、生物多様じぶん条約実行委員会)
 参加費:¥1,500  * 要 オーダー
| fromearth1 | 個展/写真展/アート | 01:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
『〜僕のまもりたい海〜 宇野八岳 写真展』開催中! 4/7=宇野八岳さん トーク
アースデイ月間の今月は、
前半、後半と、素敵な写真展が続きます。

まずは、4/ 2(金) 〜 14(水)で、
『〜僕のまもりたい海〜 宇野八岳 写真展』。



DAYS JAPAN等で写真を発表する
フォトジャーナリスト、宇野八岳さんの
沖縄・辺野古の海を 陸から、海の中から
撮影した写真展です。



今まさに、基地移設でゆれる辺野古の
写真が中心ですが、ほかに、ハワイ・韓国の写真も。
(どちらも、米軍基地関連)



ジュゴンの折り紙コーナーや資料コーナーもございます。
署名もよかったら、ご協力お願いいたします。



そして、 4/ 7(水)には、
宇野八岳さんをお招きした
スライド & トーク「僕のまもりたい海」
開催です。

展示中の沖縄・辺野古のお話しの他、
ハワイや韓国を含めた基地問題の話し、
他、原発建設に反対する祝島(いわいしま)の暮らしがわかる写真と、
その生命(いのち)への思いをうかがいます。
ぜひぜひ、お越しください。

● 4/ 7(水) 宇野八岳さん トーク「僕のまもりたい海」
 20:00〜22:00頃  
 @ ふろむあーすカフェ・オハナ(三軒茶屋)
 参加費:カンパ制  * 要 オーダー
 (共催:グリーンアクションさいたま)
| fromearth1 | 個展/写真展/アート | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
和古鈴~wacorin~ 個展 『TEXTILE 適スタイル』開催中!
先週の2/13(土)より、
和古鈴~wacorin~ 個展 『TEXTILE 適スタイル』開催中です。



奄美大島の伝統工芸、大島紬の泥染(黒褐色)と
琉球藍染めを中心とした作品展です。

奄美大島でせっせと染めてきた素敵な手染めのものに、
OHANAの玉葱の皮で染めたり、いろいろな自然素材で染めた草木染めの
小物もたくさんあります。



シャツ、パンツといった衣類から、
ブラジャー、ふんどし等のインナー、
五本指靴下やオールマイティーにつかえる巻布等々、
素敵なものがいっぱいです。
もちろん、購入もできますので、どうぞ手にとってみてください。



2/26(金)までの開催で、期間中は、作家の「和古鈴~wacorin~」も
できるだけ、お店にいますので、
遠慮なく、お声かけください。

また、会期中は、Opening party(2/13), スペシャルLIVE(2/21),
Closing party(2/26)と、イベントも盛りだくさんです!

先日の Opening party(2/13)では、
伊藤 虹さんの舞踏と、sageくんのカリンバ、
とっても素敵なライブで、
とってもいい 旧暦の大晦日となりました。



「和古鈴~wacorin~」も、スライドをつかって、
奄美大島での染色の模様の話しもしました。



2/21(日) と2/26(金) のライブの時もお話しする予定です。
ライブともども、お楽しみに!


● 2/13(土)〜2/26(金) 和古鈴~wacorin~ 個展 『TEXTILE 適スタイル』
 @ カフェ・オハナ(三軒茶屋)
  (通常営業内での開催です。) 


● 2/21(日) 和古鈴~wacorin~ 個展 スペシャルLIVE
 @ カフェ・オハナ(三軒茶屋)
 20:00 start   
 出演:幸+福(唄・ギター)/yoshico(唄・ギター)
 ノーチャージ(投げ銭制)  * 要 オーダー   


● 2/26(金) 和古鈴~wacorin~ 個展 Closing party
 @ カフェ・オハナ(三軒茶屋)
 20:00 start   
 出演:つむぎ(いく&あや:唄・ギター・三線)/のりお(唄・カリンバ)
 ノーチャージ(投げ銭制)  * 要 オーダー   
| fromearth1 | 個展/写真展/アート | 02:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/29〜2/7 安房のアートと山砂採取のパネル展示 +トーク
1/29(金)より『安房のアートと山砂採取のパネル展示』が始まりました。

山口マオさん、みうらし〜まるさん、宮下昌也さん、真魚長明さんの
とっても素敵なアート展示と千葉・房総の山砂採取のパネルが展示されています。

今回の展示の目的は、千葉・房総の山砂採取の事を伝えたいこと。


房総の地からは
東京湾沖の埋め立てや高層ビルディングの建設の為に
東京ドーム2300倍の広さの森林を伐採し
12億トンの山砂を運びだしていたそうです。

そして現在も。 
削られ始めているのが国有林を含む「鬼泪山(きなだやま)」

山が消え続けてきた房総の大地のことを見ていただけたらと思います。

一方 南房総 安房の土地には破壊を超える創造があふれています。
安房で生まれるアーティストの作品も見てください。

安房の地にある破壊と創造。
わたしたちはこれから どちらを選択していきましょう。

半島は三方を海に囲まれ 
島的な暮らしや文化が育まれる
この列島の大切な一部です。

展示は、2/7(日)までです。(* 木曜日は定休日)
(通常営業内での開催です。)

@ ふろむあーすカフェ・オハナ(三軒茶屋)


■■■ アート展示・販売(展示作品は販売いたします)

イラストレーター 山口マオさん (販売作品 13,000円〜)
http://uminekodo.exblog.jp/


イラストレーター みうらし〜まるさん (販売作品 28,000円〜)
http://www.simalmiura.com/


美術家 宮下昌也さん (販売作品 30,000円〜)
http://hoshimitei.com/


アーティスト・サーファー・安房地人協会 真魚長明さん (販売なし)
http://www.animismonline.com/


■アーティストグッズ販売も!

山口マオさん(てぬぐい 1,100円, マッチセット 600円, ストラップ 650円)
みうらし〜まるさん(ポスター・安房国鳥瞰漫歩絵図 840円, ポストカード 150円 など)
宮下昌也さん(てぬぐい 1200円, ピンバッチ 700円, ポストカード 150円など)


* 2/5に、スライドショー&トークのイベントがございますので、
  そちらにも、是非是非、お越しください。

■■■ トークイベント (投げ銭 カンパ制)

2/5(金) 房総 〜海・山・食〜 スライド&トーク
19:30〜22:00頃
@ふろむ・あーすカフェ・オハナ(三軒茶屋)
ゲスト:真魚長明, 坂山やっちゃん保之
ノーチャージ(カンパ制)+ 要 オーダー

<タイムテーブル>

 19:30〜20:10 
 真魚長明さんスライドショーとトーク「房総の大地は今」

 鬼泪山や南房総の風車建設問題に取り組むなど
 安房の地であらゆる情報発信をするアーティスト。
 「安房平和映画祭」「あわあわマーケット」の開催など
 安房を面白くしている仕掛け人のお一人です。
 山砂採取のスライドショーとこれからの房総での
 暮らしのヴィジョンをお話していただきます。

 (真魚さんのブログより)
 『房総半島の森や海、水や木の話をさせていただきます。
 これから先の時代をボクたちはどう生きていくのか、
 一緒に考える機会になればと思っています。』

 20:10〜20:30
 宮下昌也さん トーク

 東京から3時間足らずの鴨川の山。
 宮下さんの幻想的な森の中での暮らしのお話。

 20:30〜21:10
 坂山保之さん(やっちゃん)トーク
 「海のを渡って循環する人・町・食つくり」

 地球食をクリエイトして、地球と人の心と身体の健やかをつむいでくれています。
 武蔵野・多摩・湘南と南房総を 都心を通らず海を渡って繋いだら・・・
 ブログ「東京WEST発酵物語」
 http://ameblo.jp/greenchildren-ecomandan/

 21:10〜22:00頃
 安房 海 山 食で FREE TALK

 ※タイムスケジュールは変更になる場合があります。


 【企画・コーディネート:小渕 愛】
 http://ameblo.jp/talk-to-u5/entry-10444987571.html
| fromearth1 | 個展/写真展/アート | 01:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/23(土) 板垣真理子スライド・トーク 『African Beauty』
アフリカを長年愛し旅した中で撮り続け来た
熱帯写真家、踊るカメラマンこと板垣真理子さんが、
強烈に印象的だったのが、アフリカの女性の美しさ。

その美しさを撮った写真集『African Beauty』の 撮影秘話、
フェラ・クティの生涯「武器なき祈り」の事や
アフリカンミュージシャンの話し等々、スライドを見ながら、
リラックスして楽しくお話しをうかがいます!


● 1/23(土) 板垣真理子スライド・トーク 『African Beauty』
 19:30 start   
 @ ふろむあーすカフェ・オハナ(三軒茶屋)
 チャージ:¥1500 * 要 オーダー
 * 事前にご予約をお願いいたします。

 お問い合せ・予約は、以下のフォームよりお願いします。
 http://milk.candybox.to/from-earth/postmail/postmail.php


【板垣真理子 プロフィール】

 宮崎県生まれ。全国12ヶ所育ち。
 1982年、ジャズ・ミュ−ジシャンを撮ることで写真の世界に入る。
 パット・メセニー、キース・ジャレットなどのカレンダーをてがける。
 1984年、単身でアフリカ取材。その後、アフリカ各地、南米、カリブ、
 アジアなど灼熱の地を愛し旅をし、各地でのテーマを掘り下げて、
 写真と文で熱いレポートを続けている。
 熱帯写真家、踊るカメラマン、の異名を持つ。

 日本写真芸術専門学校講師 文京学院大学非常勤講師 
 ジャーナリスト専門学校講師 アフリカ学会会員

 2000年 竹森賞(京都大学竹森教授に因む章) 受賞。 
 2005年 第一回小田島雄志賞 受賞( 武器なき祈りに対して)

 ■写真集、著書
 「おいでよアフリカ」(晶文社) 「踊るカメラマン」(晶文社)
 「歓喜・AYO」(情報センター出版局) 「ベトナムの人」(三五館)
 「Carnival in Black」(三五館) 「笑ってる?」(三五館)
 「魔女ランダの島・バリ」(スリーエーネットワーク)
 「バイ−ア・ブラック」(トラベルジャーナル)
 「キューバ、愛 ! 」(作品社) 「アフリカ・喜・気・樹」(理論社)
 「虹色のこどもたち」(理論社) 「キューバ・甘い路上」(フィールドワイ)
 「武器なき祈り」(三五館) 「スプーン曲げに夢中」(彩流社)
 「アフリカン・ビューティ」(三五館)
 「ブラジル紀行/ バイーア、踊る神々のカーニバル」ブルースインターアクションズ刊

 ■雑誌
 DAYS JAPAN ナショナル・ジオグラフィック連載(2005年4月より)
 マリ・クレール SWITCH 週刊朝日 東京新聞 日経新聞連載 など

 ■講演
 ウォロフ世界の音楽(東京外国語大学) ・アフリカの文化(外務省国際会議)
 大西洋を渡ったアフリカ(法政大学ラテンアメリカ研究所)など。
 また、NHK衛星放送やFMラジオのナヴィゲーター・リポートなど、多方面で活躍中。
| fromearth1 | 個展/写真展/アート | 01:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

bolg index このページの先頭へ